MENU

【教科別】小学生におすすめの勉強方法|国語・算数・理科・社会・英語

「小学生の勉強って、どうやって教えたらいいか分からない…」

そんな悩みをお持ちのママ・パパへ。

小学生の学習内容は、学年が上がるにつれて難しくなり、その教え方にも工夫が必要になってきます。

そこで今回は、小学生がつまづきやすい主要5教科(国語・算数・理科・社会・英語)それぞれの効果的な勉強法 を、分かりやすく解説していきます。

お子様に合った勉強法を見つけるヒントが満載なので、ぜひ参考にして、親子で一緒に楽しみながら学習を進めていきましょう!

目次

効果的な勉強法を見つける前に!

教科別の勉強法をご紹介する前に、まずは 「効果的な勉強法」 の共通点について理解しておきましょう。

  • 目標を明確にする: ただ漠然と勉強するのではなく、「何のために勉強するのか」「どのレベルまで到達したいのか」という目標を明確にしましょう。
  • 計画を立てる: 目標達成のためには、計画を立てて、効率的に学習を進めることが重要です。
  • 自分に合った方法を見つける: 同じ教科でも、人によって得意な学習方法は異なります。色々な方法を試してみて、自分に合った勉強法を見つけましょう。
  • 継続する: どんなに効果的な勉強法でも、継続しなければ意味がありません。毎日コツコツと続けることが、成績アップの秘訣です。

【教科別】小学生におすすめの勉強法

それでは早速、教科別に効果的な勉強法を見ていきましょう!

国語

📖 ポイント

  • 語彙力を高める: たくさんの言葉に触れることで、文章の理解力や表現力がアップします。
  • 読解力を身につける: 文章の構成や筆者の意図を正確に読み取る力を養いましょう。
  • 表現力を磨く: 自分の考えを分かりやすく相手に伝える力を身につけましょう。

✏️ おすすめ勉強法

  1. 読書習慣をつける:
    • 小説、物語、伝記、図鑑など、様々なジャンルの本を読み、語彙力や表現力を高めましょう。
  2. 音読する:
    • 文章を声に出して読むことで、内容理解を深め、表現力を磨くことができます。
  3. 要約する:
    • 文章の要点をまとめる練習をすることで、読解力や文章構成力が身につきます。
  4. 作文を書く:
    • 自分の考えを文章で表現する練習を積み重ねましょう。
  5. 漢字練習:
    • 漢字ドリルやフラッシュカードを活用して、繰り返し練習しましょう。

算数

🧮 ポイント

  • 基礎をしっかり固める: 計算問題など、基礎的な問題を繰り返し解いて、確実に解けるようにしましょう。
  • 考え方・解き方を理解する: 公式を丸暗記するのではなく、なぜそうなるのか、考え方や解き方を理解することが重要です。
  • 図や表を活用する: 問題を視覚的に捉えることで、理解が深まります。

✏️ おすすめ勉強法

  1. 計算ドリル:
    • 反復練習を通して、計算力を高めましょう。
  2. 公式の理解:
    • 公式を丸暗記するのではなく、図や具体例を用いて、なぜその公式が成り立つのかを理解しましょう。
  3. 文章問題の解き方の型を習得する:
    • 問題文から必要な情報を読み取る、図や表を使って整理する、適切な公式を当てはめる、といった解き方の型を習得しましょう。
  4. 間違えた問題は繰り返し解く:
    • 間違えた問題は、なぜ間違えたのかを理解し、繰り返し解くことで、定着率が高まります。
  5. 日常生活で算数を使う:
    • 買い物時の計算や、お菓子を分ける時など、日常生活の中で算数を使う機会を見つけましょう。

理科

🔬 ポイント

  • 興味・関心を持つ: 実験や観察を通して、理科の面白さを体験しましょう。
  • 用語を覚える: 教科書に載っている重要な用語は、確実に覚えられるように工夫しましょう。
  • 現象の仕組みを理解する: 公式や法則を暗記するだけでなく、なぜそうなるのか、現象の仕組みを理解することが大切です。

✏️ おすすめ勉強法

  1. 実験・観察キット:
    • 実際に実験や観察を行うことで、理科への興味関心を高め、理解を深めることができます。
  2. 図鑑や写真・動画を活用:
    • 抽象的な概念を理解するために、視覚的な情報も活用しましょう。
  3. 用語カード:
    • 重要な用語をまとめたカードを作成し、繰り返し学習しましょう。
  4. 日常生活と関連付ける:
    • 天気予報、料理、植物の成長など、日常生活で目にする現象と理科の学習内容を関連付けることで、理解が深まります。

社会

🗺️ ポイント

  • 歴史の流れを掴む: 歴史漫画や年表を活用し、歴史全体の大きな流れを掴みましょう。
  • 地理は地図と関連付ける: 地名や場所を覚えるだけでなく、地図と関連付けることで、位置関係や地域の特色を理解することができます。
  • 公民は身近な出来事と関連付ける: ニュースや新聞などを参考に、公民の学習内容を身近な出来事と関連付けることで、理解が深まります。

✏️ おすすめ勉強法

  1. 歴史漫画:
    • ストーリーを通して、歴史の流れを楽しく理解することができます。
  2. 年表:
    • 歴史的な出来事を時系列で整理することで、歴史の流れを掴むことができます。
  3. 地図帳:
    • 地名や場所を地図上で確認することで、地理的な感覚を養うことができます。
  4. ニュース:
    • 社会の出来事に関心を持ち、新聞やニュースで情報収集する習慣をつけましょう。

英語

🗣️ ポイント

  • 「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をバランス良く学習する:
    • 特に、小学校では「聞く」「話す」ことを中心とした、コミュニケーション能力を育むことが重要視されています。
  • 楽しみながら学習する:
    • 歌やゲーム、アニメなど、子供が興味を持てる教材を活用し、英語学習の時間を楽しいものにする工夫をしましょう。

✏️ おすすめ勉強法

  1. 英語の歌やチャンツ:
    • 英語のリズムやイントネーションを自然と身につけることができます。
  2. 英語絵辞典:
    • イラストを見ながら単語を覚えることで、視覚的に記憶することができます。
  3. 英語のゲーム:
    • ゲーム感覚で楽しく英語に触れることができます。
  4. オンライン英会話:
    • 外国人の先生とマンツーマンで会話することで、「話す」「聞く」力を効果的に伸ばすことができます。

まとめ|子供の「好き」を見つけてあげよう!

今回は、主要5教科の効果的な勉強法を紹介しました。

大切なのは、お子様にとって 「分かりやすい」「楽しい」 と思える勉強方法を見つけてあげること。

この記事を参考に、ぜひお子様に合った勉強法を探求し、学習意欲を高めてあげてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

目次