MENU

【もうイライラしない!】小学生が自分から勉強を始める!やる気を育む親のサポート術

「うちの子、全然勉強しない…」

「勉強しなさい!」と何度言っても、なかなか机に向かう気配がない… そんな悩みを抱えている親御さんは少なくないのではないでしょうか?

毎日、宿題やテストのことで、子どもとぶつかってしまう。
本当は、笑顔で子どもと接したいのに…と悩んでいる方もいるかもしれません。

この記事では、小学生が勉強嫌いになってしまう原因を紐解きながら、 無理強いせずに、子どもが「自分から勉強する」ようになる効果的なサポート方法 をご紹介します。

この記事を読めば、きっと、お子さまへの接し方が変わり、親子で笑顔になれるヒントが見つかるはずです!

目次

「うちの子だけ?」と悩まないで!小学生が勉強嫌いになる原因

「うちの子は、もともと勉強が苦手なのだろうか…」と不安に思う前に、まずは 子どもが勉強嫌いになってしまう原因 を探ってみましょう。

子どもの気持ちに寄り添うことで、効果的なサポートができるようになります。

勉強が「わからない」「できない」…と感じてしまう

新しいことを学ぶことは、大人でも大変なものです。ましてや、小学生にとっては、 学習内容が難しすぎたり、自分のペースで進められなかったりすると、 すぐに「わからない」「できない」という壁にぶつかってしまう ことでしょう。

特に、

  • 新しい算数の公式が覚えられない
  • 漢字が複雑で、なかなか覚えられない
  • 文章を読んでも、内容が頭に入ってこない

など、 「自分は勉強ができないんだ…」という思い込み が生まれてしまうと、 勉強自体を「難しい」「苦痛なもの」と感じてしまい、やる気をなくしてしまうことがあります。

勉強が「つまらない」「楽しくない」と感じてしまう

小学生にとって、 「遊び」は学び です。

しかし、机に向かって、ただ黙々とドリルを解いたり、教科書を読んだりするだけの学習は、 子どもにとって「つまらない」「楽しくない」 と感じてしまうのも無理はありません。

  • 一方的な詰め込み型の学習
  • 興味や関心を無視した教材選び

などが続くと、子どもは「やらされ感」を感じてしまい、学習意欲を失ってしまうのです。

勉強よりも「楽しいこと」がある

現代の子どもたちにとって、ゲームやYouTubeなど、 魅力的な娯楽は無限 に存在します。

「友達とゲームする時間のほうが、ずっと楽しい!」
「面白い動画をもっと見たい!」

そう思うのは、当然のことですよね。

また、「習い事や遊びで忙しい」「疲れてしまって、なかなか勉強時間を取れない」というケースもあるでしょう。

勉強を「強制される」と感じてしまう

「勉強しなさい!」「早く宿題終わらせなさい!」

毎日、親からガミガミ言われると、 子どもは勉強に対してネガティブなイメージ を抱きやすくなります。

  • 親の期待に応えなければ…というプレッシャー
  • 他人と比較されることによる劣等感

などが重なると、子どもは自己肯定感を傷つけられ、学習意欲を低下させてしまうのです。

「勉強しなさい!」は逆効果?子どものやる気を奪うNG行動

「子どもには、しっかり勉強に取り組んでほしい」と願うあまり、 ついやってしまいがちなNG行動を5つご紹介します。

1. 頭ごなしに叱る、否定的な言葉をかける

「なんでこんな問題もできないの!」
「何度言ったらわかるの!」

このような言葉は、 子どもの自尊心を傷つけ、学習意欲を奪って しまいます。

2. 他人と比較する、過度な期待を押し付ける

「お兄ちゃんはできたのに」「○○ちゃんは、もっと勉強してるんだって」

このような比較は、 子どもの自信を失わせ、劣等感を抱かせる だけです。

3. 結果ばかりを重視する、努力を認めようとしない

「テストで100点取れたの?!」

結果ばかりを気にするのではなく、「難しい問題に挑戦したんだね」「最後まで諦めずに頑張ったね」と、 子どもの努力やプロセスを認め、褒めてあげましょう。

4. 勉強を罰として与える、ご褒美で釣る

「宿題終わらなかったら、ゲーム禁止!」「テストで100点取ったら、おもちゃ買ってあげる」

このような報酬システムは、 一時的には効果があるかもしれませんが、子どもの内発的な学習意欲を育てるには逆効果 です。

5. 子どものペースを無視して、一方的に教え込む

「こうやって解くのよ!」「なんでわからないの?」

子どもの理解度やペースを無視して、一方的に教え込もうとするのはやめましょう。 子どもが「自ら考え、理解する」ことをサポート することが大切です。

今日からできる!子供のやる気を引き出す7つの魔法の声かけ

「勉強しなさい!」と口うるさく言う代わりに、 子どものやる気を引き出すポジティブな声かけ をしてみませんか?

ちょっとした言葉の工夫で、子どもの気持ちは大きく変わります。

声かけ1: 「すごいね!」「頑張ったね!」努力やプロセスを具体的に褒める

テストの結果や成績だけでなく、 「難しい問題に挑戦したんだね」「最後まで諦めずに解いていたね」 と、具体的な行動を言葉にして褒めてあげましょう。

努力を認められることで、子どもは自己肯定感を高め、もっと頑張ろうという気持ちになります。

声かけ2: 「○○ができるようになりたいんだね!」と目標を共有し、寄り添う姿勢を見せる

子どもが「サッカー選手になりたい」「ケーキ屋さんになりたい」といった夢を持っているなら、 その夢と学習を結びつける のも効果的です。

「サッカー選手になるには、体力をつけたり、戦術を考えたりする力が必要だよね。そのためにも、算数や国語の勉強も役に立つんだよ」

このように、 子ども自身の夢や目標と学習を関連付ける ことで、子どもは「勉強する意味」を見出し、主体的に取り組むようになるでしょう。

声かけ3: 「一緒にやってみようか?」と、親も一緒に学ぶ姿勢を見せる

子どもにとって、 親は一番のロールモデル です。

親が読書を楽しんだり、新しいことを学ぶことに意欲的だったりする姿を見せることは、 子どもにとって最高の学習意欲向上 になります。

「この問題、面白そうだね!一緒に考えてみようか?」

と、子どもと一緒に考えたり、教え合ったりする時間を共有してみましょう。

声かけ4: 「難しかったら、教えてね」と、いつでもサポートする体制を示す

勉強中につまずいたとき、「わからない…」と一人で抱え込んでしまう子どももいるかもしれません。

そんなときは、「いつでも質問していいよ」「一緒に考えてみよう」と、 安心して学習に取り組める環境 を作ってあげましょう。

親が 味方 であることを伝えることで、子どもは安心して学習に取り組むことができます。

声かけ5: 「今日はここまで頑張ったね!えらいね!」と、小さな努力も認め、達成感を味わわせる

長時間集中して勉強することが難しい小学生にとって、 短い時間でも集中して取り組めたこと は、立派な努力です。

「今日は1ページだけだったけど、集中して解けたね!えらいね!」

このように、 小さな努力や進歩を見逃さずに褒めてあげること で、子どもは達成感を味わい、自己肯定感を高めることができます。

声かけ6: 「疲れているときは、無理しなくていいよ」と、子どもの体調や気持ちを尊重する

「疲れているのに、無理して勉強しても、頭に入らないよ。今日はゆっくり休んで、明日また頑張ろうね。」

子どもの体調や気持ちを察してあげられる、 優しい親心 を示しましょう。

声かけ7: 「次は何をやってみようか?」と、子ども自身に学習計画を考えさせる

「今日は算数の問題集を10ページやって、明日は漢字の練習をしようね!」

などと、親がすべて決めてしまうのではなく、 子ども自身に考えさせる ように促してみましょう。

自分で計画を立て、実行する 経験を通して、子どもは 主体性 や 自己管理能力 を身につけることができます。

宿題イヤ!を克服!親子で取り組む、毎日の学習習慣

多くの子どもにとって、「宿題」は、面倒くさい、やりたくない…と思ってしまうもの。

しかし、 宿題は、毎日の学習習慣をつけるための絶好の機会 でもあります。

「あとでやる」をなくす!宿題を始めるための声かけ

「宿題、後回しにしてスマホいじってない?!」と頭ごなしに叱るのではなく、 子どもが宿題に取り組みやすい雰囲気 を作ってあげましょう。

  • 「タイマーをセットして、5分だけ集中してみよう!」
  • 「好きな音楽をかけて、気分転換しながらやってみよう!」

など、 軽い気持ちで始められる ように促してみましょう。

集中力をキープ!宿題を終わらせるための環境づくり

  • リビング学習のススメ: 子どもが一人で部屋にこもって勉強するよりも、 家族のいるリビング で勉強したほうが、 集中しやすい場合もあります。
  • タイマーを活用した時間管理術: 「ダラダラ時間」を防ぐために、 時間を区切ること は効果的です。
  • 「できた!」を積み重ねる、スモールステップ学習法: 最初から完璧を目指さず、「今日はこのドリルを1ページだけ」など、 小さな目標を立てて、クリアしていく ことで、達成感を味わいやすく、モチベーション維持につながります。

親子で協力!宿題の進捗管理

  • 「宿題チェックリスト」で、達成感を可視化: TODOリストのように、 宿題の内容を書き出して、終わったものからチェック していくことで、達成感を視覚的に感じることができます。
  • 親子で一緒に目標設定: 「今週中に、漢字ドリルを5ページ終わらせよう」「毎日、10分間は計算練習に取り組もう」など、 子どもにとって、無理のない範囲で目標を設定 し、一緒に達成を目指しましょう。

勉強が「楽しい!」に変わる!学習環境作りのコツ

子どもが、 「勉強=楽しい!」 と思えるような、快適な学習環境を整えてあげましょう。

集中しやすい環境作り

  • 学習スペース: 勉強に集中しやすい、 専用のスペース を作ってあげましょう。
    机の上は整理整頓し、必要な文具を揃えておくことも大切です。
  • 照明: 明るすぎず、暗すぎない、 適切な照明 を選びましょう。
  • 周りの環境: テレビやゲームなど、 気が散るものは近くに置かない ようにしましょう。

学習ツールを活用

  • タブレット教材: ゲーム感覚で楽しく学習できる、 子ども向けのタブレット教材 も数多く販売されています。
  • 学習アプリ: 単語学習や計算練習など、 スキマ時間に活用できる無料の学習アプリ もあります。
  • タイマー: 集中力を維持するために、 タイマーを活用 するのもおすすめです。

学習習慣化のコツ

  • 時間: 毎日、決まった時間に勉強する習慣をつけましょう。
    最初は、 10分、15分など、短い時間 で構いません。
  • 場所勉強する場所を決めておく ことで、 集中しやすくなります。
  • 教材: 学校の教科書やドリルだけでなく、 子どもが興味のある分野の書籍や図鑑 なども活用してみましょう。

子どもの個性に合わせた学習方法を見つけよう!

子どもによって、得意な学習方法や理解しやすい情報は異なります。

視覚優位タイプ

  • 図鑑: 写真やイラストが豊富な図鑑は、視覚的に情報を理解することができます。
  • 動画: アニメーションや実写映像を使った教材は、視覚的に理解を深めることができます。
  • フラッシュカード: 単語や漢字などを覚える際に効果的です。

聴覚優位タイプ

  • 音声教材: CDや音声ファイルを使った教材は、耳から情報をインプットすることができます。
  • 音楽: 音楽を聴きながら勉強すると、集中力が高まることがあります。
  • 読み聞かせ: 親が教材を読み聞かせることで、理解を深めることができます。

体感覚優位タイプ

  • 体験学習: 博物館や科学館などに出かけて、実際に見て、触れて、学ぶことができます。
  • 実験: 理科の実験などを通して、体験的に学ぶことができます。
  • 工作: 工作を通して、創造力や思考力を育むことができます。

今日からできる!効果的な学習方法

簡単な問題から解く:小さな成功体験を積み重ねる

最初から難しい問題に挑戦するのではなく、 簡単な問題から徐々にステップアップしていく ことで、子どもは「できた!」という成功体験を積み重ねることができ、学習意欲を高めることができます。

目標を立てる:具体的な目標を設定し、達成度を可視化

「テストで80点取る!」といった目標だけでなく、「毎日、漢字ドリルを1ページ終わらせる」といった 具体的で達成しやすい目標 を設定し、達成度をカレンダーなどに記録していくことで、モチベーションを維持することができます。

時間を決める:集中力を維持するために、時間を区切って学習

ダラダラと長時間勉強するよりも、「30分間集中して、その後は休憩」といったように、 時間を区切って勉強する ほうが、集中力を維持することができます。

まとめ: 子どもの「好き」を見つけて、学ぶ楽しさを伝えよう!

子どもが「勉強嫌い」になってしまうのには、様々な原因があります。

大切なのは、頭ごなしに叱ったり、無理強いしたりするのではなく、 子どもの気持ちに寄り添い、なぜ勉強が必要なのかを、しっかりと伝えること です。

そして、「勉強=楽しい!」と思えるような経験を、親子で一緒に作っていくことが重要です。

今回ご紹介した方法を参考に、お子さまに合ったサポートを見つけてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

目次