MENU

【低学年向け】遊びながら楽しく学ぶ!学習習慣をつける方法|おすすめ教材も紹介

「うちの子、全然机に向かなくて…」

小学校低学年のお子さんを持つママ・パパなら、誰もが一度は経験する悩みではないでしょうか?

この時期の子どもたちは、まだまだ遊びたい盛り。
「勉強しなさい!」とガミガミ言っても、なかなか集中してくれませんよね。

しかし、安心してください!
この時期に大切なのは、「勉強=楽しい!」と感じられる体験を積み重ねること。

この記事では、小学校低学年のお子様が、遊び感覚で楽しく学習習慣を身につける方法 を、具体的な例を交えながらご紹介します。

さらに、おすすめの教材 もピックアップしているので、ぜひ参考にして、お子様との楽しい時間を作りながら、学習習慣を育んでいきましょう!

目次

なぜ遊びながら学ぶことが大切なの?

小学校低学年の時期は、「学習の基礎」 を築く大切な時期。
この時期に、無理強いをして勉強嫌いになってしまっては、元も子もありません。

遊びながら学ぶことは、

  • 好奇心や探求心を育む: 「もっと知りたい!」「やってみたい!」という気持ちを刺激し、主体的に学ぶ姿勢を育みます。
  • 集中力・思考力UP: ゲーム感覚で楽しく取り組むことで、自然と集中力が養われ、思考力を育むことにも繋がります。
  • 学習への抵抗感を減らす: 「勉強=つまらないもの」という先入観を持たずに、学習に親しみを持つことができます。

【遊び=学び】アイデア満載!今日からできること5選

毎日の生活の中に、遊び感覚で楽しく学べる要素を取り入れてみましょう。

1. 絵本の世界でワクワク体験!: 絵本を読み聞かせたり、一緒に読んだりするだけでなく、登場人物になりきって遊んだり、絵本の内容についてクイズを出したりするなど、工夫次第で学びの幅が広がります。

2. お料理は最高の学習教材!: 計量や食材の名前を覚えたり、手順を考えたり…お料理には、算数や国語、理科など、様々な学びが詰まっています。親子で一緒にクッキングを楽しむ時間を作りましょう。

3. お買い物も立派な学習!: スーパーマーケットでは、商品を見比べたり、値段を計算したりするなど、実生活に役立つ学びがいっぱい! お買い物リスト作りをお子様にお願いしてみるのも良いですね。

4. 自然と触れ合い、五感を刺激: 公園で虫や植物を観察したり、季節の変化を感じたり…自然と触れ合う体験は、子供の好奇心や探求心を育むのに最適です。

5. ボードゲームで楽しく競争!: ボードゲームは、ルールを理解し、戦略的に考える力、集中力、記憶力などを楽しく遊びながら身につけることができます。

おすすめ教材|遊びながら学べる!

数ある教材の中から、遊びながら楽しく学習できるおすすめの教材をピックアップしました。

1. 七田式教育教材 しちだ右脳教育 きれいな色の[なまえカード]: カラフルなイラストで、物の名前やひらがなを楽しく覚えられます。

2. くもんの幼児ドリルシリーズ: 無理なくステップアップできる構成で、運筆力や数への理解を深めることができます。

3. 学研の頭脳開発シリーズ: 迷路やパズルなど、思考力や集中力を鍛える問題が満載です。

4. レゴブロック: 自由な発想で創造力を育むだけでなく、立体感覚や空間認識能力を高める効果も期待できます。

親が意識したいサポート体制

  • 見守る姿勢を大切にする: 「まだできない」「違うでしょ」と口出しせず、温かく見守り、励ましながら、子供のペースで見守ってあげましょう。
  • 成功体験を積み重ねさせてあげる: どんなに小さなことでも、「できた!」という成功体験を積み重ねることは、学習意欲の向上に繋がります。
  • 親子で楽しむ時間を共有する: 学習は、楽しいもの!という意識を育むためには、親が笑顔で、一緒に楽しむことが大切です。

まとめ|「楽しい!」が学習習慣の第一歩

小学校低学年の時期は、学習習慣の基礎を築く上で非常に大切です。

「勉強しなさい!」と強制するのではなく、遊びを通して、子供が「楽しい!」「もっと知りたい!」と感じられるような時間を共有していくことが重要です。

この記事で紹介した方法や教材を参考に、ぜひ、お子様と笑顔で、楽しい学びの時間を過ごしてみてください。

その他のおすすめ記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

目次