MENU

小学生が集中して勉強する!集中力を高める効果的な方法&環境づくり

「うちの子、全然集中力が続かなくて…」

小学生のお子さんを持つママ・パパなら、一度はそんな悩みを抱えたことがあるのではないでしょうか?

宿題をやっていると思ったら、すぐに鉛筆を置いて違うことを始めたり、集中して取り組んでいたかと思えば、ちょっとした物音ですぐに気を取られたり…。

集中力がないと、いくら時間をかけても学習の効果は上がりません。

しかし、安心してください!
子供の集中力は、トレーニング次第でグンと伸びるもの。

この記事では、小学生の集中力を高めるための効果的な方法を、科学的根拠に基づいたテクニックも交えながら、分かりやすく解説していきます。

さらに、集中しやすい環境づくりのポイントについても詳しく解説しているので、ぜひ最後まで読んで、今日から実践してみてください!

目次

なぜ集中できない?小学生の集中力の特徴

「集中しなさい!」と怒ってばかりでは、逆効果になることも。

そもそも、なぜ小学生は集中することが難しいのでしょうか?

それは、脳の発達段階が大きく関係しています。

一般的に、集中力が持続する時間は、年齢+1分程度と言われています。
つまり、小学生低学年であれば10分程度、高学年でも15分程度しか集中力を維持するのが難しいのです。

さらに、現代の子供たちは、スマートフォンやゲームなど、常に刺激的な情報に囲まれています。
そのため、脳が刺激に慣れ、「我慢して集中する」ということが苦手になっている傾向も。

これらの点を踏まえ、子供の集中力を高めるには、年齢や発達段階に合わせた適切なアプローチが重要です。

集中力を高める効果的な方法7選

1. タイマーを活用!「集中タイム」を作る

まずは、短い時間でも良いので、「この時間は集中する!」と決めた時間帯を設けましょう。
ストップウォッチやキッチンタイマーなどを使い、目に見える形で時間を意識させるのがポイントです。

小学校低学年なら10分、高学年なら15分からスタートし、徐々に時間を延ばしていくのが効果的です。

2. 集中しやすい時間帯を見つける

子供によって、集中しやすい時間帯は異なります。
朝型、夜型など、お子様の一番集中しやすい時間帯を見つけて、その時間帯に重要な学習や難しい課題を行うようにしましょう。

3. 「やることリスト」で目標を明確にする

「今日は何をやるんだっけ?」と迷ってしまうと、集中力が途切れてしまう原因に。
事前に**「やることリスト」を作成**し、具体的な目標を明確にすることで、集中力を維持しやすくなります。

リストは、子供と一緒に作ったり、達成したらシールを貼ったりするなど、楽しく取り組める工夫も効果的です。

4. こまめな休憩でリフレッシュ

長時間集中し続けることは、大人でも難しいもの。
30分に一度、5分程度の休憩を挟むなど、こまめな休憩を取り入れることで、集中力を持続させることができます。

休憩時間には、軽いストレッチや深呼吸など、体を動かすのも効果的です。

5. 「ご褒美」でモチベーションアップ

「集中して勉強を頑張ったら、好きなテレビを1時間見ていいよ」など、頑張った後にはご褒美を用意することで、モチベーションを維持することができます。

ただし、ご褒美の内容は、子供の年齢や頑張りに見合ったものにするようにしましょう。

6. スマホやゲームは視界に入れない

スマートフォンやゲームなどは、集中力を妨げる最大の敵!
勉強中は、これらの誘惑になるものは視界に入らない場所に置き、目に触れないようにしましょう。

7. 生活習慣を整える

睡眠不足や栄養不足は、集中力低下の原因に。
早寝早起き、バランスの取れた食事など、規則正しい生活習慣を心がけましょう。

集中しやすい環境づくりのポイント

学習環境を整えることも、集中力を高める上で重要です。

1. 学習スペースは整理整頓

勉強机の上や周りが散らかっていると、気が散ってしまう原因に。
必要最低限のものだけを置き、スッキリと整理整頓された状態を保ちましょう。

2. 適度な照明と温度管理

暗すぎたり、明るすぎたりする場所は、目に負担がかかり、集中力を低下させます。
適切な明るさの照明を設置しましょう。
また、室温は、集中しやすいとされる25度前後に保つのがおすすめです。

3. 雑音対策も忘れずに

テレビの音や話し声など、周りの音が気になる場合は、耳栓やノイズキャンセリングヘッドホンなどを活用して、雑音をシャットアウトしましょう。
静かな音楽をかけるのも効果的です。

まとめ|集中力はトレーニングで育てる

子供の集中力は、生まれ持った才能ではなく、トレーニングによって高めることができます。

この記事で紹介した方法を参考に、お子様に合った方法で、集中力を高めるサポートをしてあげてくださいね。

焦らず、お子様のペースに合わせて、長い目で温かく見守りながらサポートしていくことが大切です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

目次