MENU

【スマイルゼミ】口コミ・評判は?料金、教材内容、メリット・デメリットを徹底解説!

「スマイルゼミって、実際どうなの?」

「料金は?教材は子供に合う?サポートはしっかりしてる?」

そんな疑問をお持ちのママパパ、こんにちは!

小学生向けタブレット学習として大人気の「スマイルゼミ」。

CMでもよく見かけるので、気になっている方も多いのではないでしょうか?

今回は、スマイルゼミの リアルな口コミ・評判 から、 料金、 教材内容、 メリット・デメリット まで、 徹底的に解説 していきます!

この記事を読めば、スマイルゼミが お子様に合うかどうか が判断できるはずです。

ぜひ最後まで読んで、 後悔しないサービス選び に役立ててくださいね!

目次

スマイルゼミってどんなサービス?

スマイルゼミは、 ジャストシステムが提供する幼児・小学生・中学生向けタブレット学習サービス です。

一人ひとりの理解度に合わせて、 最適な学習内容を提供 する 「自動個別指導」 が特徴。

専用タブレット を使用し、 紙教材は一切なし

教科書準拠の教材 で、学校の予習・復習から、中学受験対策まで、幅広く活用できます。

\ 今なら2週間無料体験!資料請求はこちら /

➡️ スマイルゼミの公式サイトはこちら

スマイルゼミの口コミ・評判を徹底調査!

そんな疑問をお持ちのママパパのために、今回は スマイルゼミのリアルな口コミ・評判 を徹底調査しました!

私の小学1年生の娘を持つによる体験談だけでなく、実際にスマイルゼミを利用しているご家庭の声 を集め、 良い口コミ と 悪い口コミ の両方を包み隠さずご紹介します。

これからスマイルゼミを検討している方は、ぜひ参考にして、お子様にぴったりの学習方法を見つけてくださいね。

【体験談】小学1年生の娘がスマイルゼミをやってみた!率直な感想をレビュー

小学1年生の娘が、スマイルゼミを実際に使ってみた感想を、ママ目線で正直にレビューします!

スマイルゼミを選んだ理由

年長の時に、 学習習慣を身につけさせたい と思い、タブレット学習を検討し始めました。

色々なサービスを比較した結果、 「教科書に沿った内容で、学校の授業の予習・復習に役立ちそう」 という点で、スマイルゼミを選びました。

2週間無料でレンタルできるという点もよかったです。

学習内容

スマイルゼミの 標準コース を受講し、 国語、 算数を学習しています。

  • 国語: ひらがな・カタカナの練習、漢字の書き取り、言葉の学習など、 学校の授業と並行して 進められています。
  • 算数: 数の数え方、足し算・引き算など、 ゲーム感覚で楽しく 学習しています。

オプション教材の英語プレミアムは受講していません。

娘の反応

最初はタブレット操作に戸惑っていましたが、 すぐに慣れ、今では 毎日楽しそうに スマイルゼミに取り組んでいます。

特に、 ゲーム要素のあるコンテンツ や アニメーションを使った解説 が気に入っているようです。

受講した後にあるごほうびゲームが楽しくてゲームをやるために頑張っていることも?

学習効果

スマイルゼミを始めてから、 学校の授業内容が理解しやすくなった と言っています。

また、 漢字の書き取り や 計算 も、以前より スムーズにできる ようになりました。

メリット

  • ゲーム感覚で楽しく学習できる: 飽きっぽい娘でも、 集中して 学習に取り組めています。
  • 学校の授業に沿った内容予習・復習 に役立ち、学校の授業にも 自信 を持って参加できるようになりました。
  • 自動採点機能間違えた問題もすぐに復習 できるので、理解度が深まります。
  • 学習習慣が身につく: 毎日、 決まった時間に スマイルゼミに取り組む習慣がつきました。

デメリット

  • ゲーム要素が少ない: チャレンジタッチなどに比べると、ゲーム要素が少なく、 物足りなさ を感じることも。
  • 発展的な内容が少ない: 基礎学力の定着には良いですが、 応用問題 や 発展的な内容 をもっと増やしてほしいと感じています。

総合評価

学校の授業の予習・復習 に最適で、 学習習慣を身につける のにも効果的なサービスだと感じています。

ゲーム要素が少ない 点は少し残念ですが、 基礎学力の定着 には十分な内容です。

個人的に評価できる点は、学習した分だけごほうびゲームができる点です。

まずは学習しないとゲームができないのはとても良いシステムだと思いました!

良い口コミ

  • 「学校の授業に沿って学習できるので、予習・復習にピッタリ!」: 教科書の内容を、タブレットで楽しく復習できるので、理解度が深まりました。
  • 「タブレット操作が簡単で、子供でも使いやすい!」: 直感的な操作で、低学年の子でもすぐに使いこなせるようになりました。
  • 「自動採点機能で、間違えた問題もすぐに復習できる!」: 間違えた問題は、繰り返し解くことで、しっかりと理解できます。
  • 「学習習慣が身についた」: 毎日、決まった時間にスマイルゼミに取り組む習慣が自然と身につきました。
  • 「価格がリーズナブルで、続けやすい」: 他のタブレット学習サービスと比べて、価格がお手頃なので、助かっています。

悪い口コミ

  • 「ゲーム要素が少ない」: チャレンジタッチなどに比べると、ゲーム要素が少なく、子供が飽きてしまうことも…。
  • 「発展的な内容が少ない」: 基礎学力の定着には良いが、応用問題や発展的な内容をもっと増やしてほしい。
  • 「専用タブレットなので、他の用途に使えない」: インターネットやゲームなど、学習以外の用途には使えないのが、少し不便。

口コミ・評判まとめ

スマイルゼミは、 「学校の授業に沿って学習できる」「タブレット操作が簡単」「価格がリーズナブル」 といった 良い口コミ が多く見られました。

一方で、 「ゲーム要素が少ない」「発展的な内容が少ない」「専用タブレット」 といった点に 不満 を感じる方もいるようです。

スマイルゼミの料金プラン

スマイルゼミの料金プランは、 学年 や コース によって異なります。

月額料金

学年標準コース英語プレミアムその他オプション
小学1年生3,780円4,980円1,100円~
小学2年生3,980円5,180円1,100円~
小学3年生4,180円5,380円1,100円~
小学4年生4,380円5,580円1,100円~
小学5年生4,580円5,780円1,100円~
小学6年生4,780円5,980円1,100円~

※ 上記はあくまで一例です。最新情報は公式サイトをご確認ください。

タブレット代

スマイルゼミでは、学習に最適化された 専用タブレット を使用します。

タブレット代は、 一括払い または 分割払い が選べます。

タブレット代 (例)

利用期間支払い方法金額
12ヶ月以上初回一括払い9,980円 (税込 10,978円)
分割払い980円 (税込 1,078円) × 12回
6ヶ月以上12ヶ月未満一括払い16,960円 (税込 18,658円)
分割払い該当なし
6ヶ月未満一括払い39,800円 (税込 43,782円)
分割払い該当なし

※ 最新情報は公式サイトをご確認ください。

➡️ スマイルゼミの料金プランを徹底解説!同時入会特典&キャンペーン情報も

スマイルゼミの教材内容

スマイルゼミの教材は、 教科書準拠 で、 学校の授業に沿った内容 が特徴です。

  • 標準コース: 国語、算数、理科、社会の4教科を学習できます。
  • 英語プレミアム: 標準コースに加えて、英語学習に特化したコンテンツが利用できます。
  • 漢検対策講座: 漢字検定対策に特化した講座を追加できます。
  • 計算力アップ講座: 計算力強化のための講座を追加できます。
  • 読書習慣: 電子書籍読み放題サービスを追加できます。

スマイルゼミのメリット・デメリット

メリット

  • 学校の授業に沿って学習できる: 予習・復習に最適です。
  • タブレット操作が簡単: 子供でも直感的に操作できます。
  • 自動採点機能: 間違えた問題もすぐに復習できます。
  • 学習習慣が身につく: 毎日、決まった時間にスマイルゼミに取り組む習慣がつきます。
  • 価格がリーズナブル: 他のタブレット学習サービスと比べて、価格がお手頃です。

デメリット

  • ゲーム要素が少ない: チャレンジタッチなどに比べると、ゲーム要素が少なく、子供が飽きてしまうことも…。
  • 発展的な内容が少ない: 基礎学力の定着には良いが、応用問題や発展的な内容をもっと増やしてほしいという声も。
  • 専用タブレット: インターネットやゲームなど、学習以外の用途には使えません。

スマイルゼミはこんな人におすすめ!

  • 学校の授業をしっかり理解させたい
  • 基礎学力をしっかり身につけさせたい
  • 学習習慣を身につけさせたい
  • シンプルで使いやすいタブレット学習サービスが良い
  • 費用を抑えたい

まとめ|スマイルゼミで、無理なく学習習慣を身につけよう!

今回は、スマイルゼミの口コミ・評判、料金、教材内容、メリット・デメリットなどを詳しく解説しました。

スマイルゼミは、 学校の授業に沿った学習 と 基礎学力の定着 に力を入れているタブレット学習サービスです。

無料体験 もできるので、ぜひ一度試してみて、お子様に合うかどうかを判断してみてくださいね。


合わせて読みたい

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次