MENU

【小学生】国語力を効果的に伸ばす!おすすめタブレット学習|読解力UP&作文対策も

小学校で学ぶ国語は、単に漢字や言葉のルールを覚えるだけではありません。 文章を読み解く力、自分の考えを表現する力、相手に分かりやすく伝える力など、これからを生きる子どもたちにとって 必要不可欠な能力 を育むために重要な教科です。

しかし、「うちの子、本が好きじゃないみたい」「国語の成績が上がらない…」と悩んでいる保護者の方もいるのではないでしょうか?

そんな悩みを抱える保護者の方々に注目されているのが、 タブレットを使った国語学習 です。

今回は、小学生の国語学習におすすめのタブレット教材をランキング形式でご紹介! メリット・デメリットや教材選びのポイント も分かりやすく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

小学生が国語を学ぶ重要性

「読書感想文を書かせても、なかなか筆が進まない…」「人の話を聞いても、内容を理解できていないみたい…」

このように感じている保護者の方は、改めて 国語を学ぶ意義 を見直してみましょう。

国語で養われる力は、 他の教科の学習はもちろん、社会に出ても必ず役に立ちます。

<国語で身につく力>

  • 読解力: 文章を正確に理解する力
  • 表現力: 自分の考えや気持ちを適切な言葉で表現する力
  • コミュニケーション能力: 相手の言葉を読み取り、自分の考えを伝える力
  • 論理的思考力: 物事を筋道立てて考える力
  • 発想力: 自由なアイデアを生み出す力

タブレット学習で小学生の国語力は伸びる?メリット・デメリットを解説

近年、小学生向けの学習塾や通信教育において、タブレット学習を取り入れるケースが増えています。紙教材を使った従来の学習方法に比べ、タブレット学習にはどのような メリット・デメリット があるのでしょうか?

タブレット学習で国語が伸びる3つのメリット

メリット1: 楽しく学べる工夫が満載!ゲーム感覚で学習意欲UP!

多くのタブレット教材は、 子どもが夢中になれるゲーム要素 を取り入れています。 クイズ形式で問題を解いたり、キャラクターを集めたりすることで、 楽しみながら学習意欲を高める ことができます。

メリット2: 自分のペースで学習できる!つまずきやすい部分も繰り返し学習可能!

タブレット学習では、 自分のペースで学習を進める ことができます。 学校の授業のように、周りのペースに合わせる必要はありません。 苦手な問題は何度でも復習できるので、 苦手を克服しやすい というのもメリットです。

メリット3: 豊富なコンテンツで効果的に学べる!動画や音声で理解が深まる!

タブレット学習では、 動画や音声、アニメーション など、 五感を刺激するコンテンツ を使って学習することができます。 活字だけではイメージしにくい内容も、視覚的に理解できるので、 学習効果の向上 が期待できます。

タブレット学習で気をつけたい3つのデメリット

デメリット1: 視力低下や姿勢が悪化する可能性!適切な利用時間管理が重要

タブレット学習は、長時間画面を見続けるため、 視力低下や眼精疲労 の原因となる可能性があります。 また、 猫背 などの姿勢が悪くなることも懸念されます。 適切な利用時間 を守る、 ブルーライトカット眼鏡 を使用 するなど、 健康面への配慮 が大切です。

デメリット2: 集中力が途切れやすい!学習環境を整え、集中しやすい工夫を

ゲーム要素の多いタブレット学習は、 ついつい遊びに夢中になってしまう 可能性も。 学習時間と休憩時間を決める、 学習に集中できる環境を作る など、 メリハリをつける ことが重要です。

デメリット3: 書く力が身につかない可能性!アウトプットの機会を意識的に設ける

タブレット学習では、タイピングなどで解答することが多いため、 漢字を覚えられない、文章を書く力が身につかない というケースも。 タブレット学習でインプットした内容を、 ノートに書き写したり、作文に取り組んだりする など、 アウトプットする機会を意識的に設ける ようにしましょう。

小学生向け国語タブレット学習教材の選び方5つのポイント

数あるタブレット学習教材の中から、子どもに最適な教材を選ぶのは簡単ではありません。 ここでは、 教材選びで失敗しないためのポイント を5つご紹介します。

ポイント1: 教材の内容

  • 教科書準拠: 学校の授業内容の予習・復習を目的とするなら、教科書に沿った内容の教材を選びましょう。
  • 興味・関心を広げる: 読書習慣を身につけさせたい、文章を書くのが好きになってほしい場合は、 物語や偉人伝など、子どもの好奇心を刺激するコンテンツが豊富な教材を選びましょう。

ポイント2: 料金体系

教材によって、 月額料金、初期費用、追加料金 などが異なります。 無料体験期間や割引キャンペーンなども考慮し、 予算に合った教材 を選びましょう。

ポイント3: 学習方法

  • ゲーム形式: 楽しみながら学習習慣を身につけたい場合は、ゲーム感覚で学べる教材がおすすめです。
  • ドリル形式: 集中的に問題演習に取り組みたい場合は、ドリル形式の教材が効果的です。
  • 映像授業: 分かりやすい解説で理解を深めたい場合は、プロ講師による映像授業がおすすめです。

ポイント4: サポート体制

教材によっては、 学習相談や添削指導 などのサポート体制が充実しているものもあります。 子どもが一人で学習を進められるか不安な場合は、 サポート体制が充実した教材 を選ぶと安心です。

ポイント5: 子供のレベルに合っているか

教材のレベルが子どもの学習レベルに合っていないと、 学習意欲の低下 につながる可能性があります。 無料体験 を利用して、 子どものレベルに合っているか を見極めることが重要です。

【目的別】小学生におすすめの国語タブレット学習教材比較

基礎力UPにおすすめ!

特徴料金メリットデメリット無料体験公式サイト
チャレンジタッチ(進研ゼミ)教科書に沿った内容で、基礎学力の定着を目指す月額2,980円~* 豊富な学習コンテンツで飽きない * 学校の授業に沿って学習できる* ゲーム要素が多く、集中力が途切れる可能性もありhttps://sho.benesse.co.jp/
スマイルゼミ教科書準拠で、基礎から応用まで幅広く学習できる月額3,980円~* 一人ひとりのレベルに合わせた学習が可能 * 自動採点機能で効率的に学習できる* タブレット学習以外の教材は少ないありhttps://smile-zemi.jp/

読解力を伸ばしたい

特徴料金メリットデメリット無料体験公式サイト
Z会タブレットコース質の高い教材で、思考力や表現力を養う月額4,950円~* 思考力を鍛える問題が充実 * 添削指導で文章力UP* 料金が比較的高めありhttps://www.zkai.co.jp/el/
スタディサプリ小学講座から大学受験対策まで、幅広いレベルに対応月額2,178円~* プロ講師による映像授業が見放題 * 低価格で始めやすい* 問題演習が少ないありhttps://studysapuri.jp/

表現力を高めたい

特徴料金メリットデメリット無料体験公式サイト
ブンブンどりむ作文に特化した教材で、文章を書く楽しさを体験できる月額3,600円~* プロの添削指導で文章力が身につく * 無理なく楽しく作文に取り組める* 国語の総合的な学習には不向きありhttps://www.bunbun-drills.com/
すらら無学年式教材で、自分のペースで学習できる月額9,980円~* 苦手分野を克服しやすい * 学習進捗が分かりやすい* 料金が比較的高めありhttps://surala.jp/

(※上記はほんの一例です。)

タブレット学習の効果を最大限に引き出す保護者のサポート方法

タブレット学習は、 ただ教材を与えれば良いというわけではありません。 保護者の方の適切なサポートによって、 学習効果は大きく変わります。

<タブレット学習を成功させるためのポイント>

  • 学習習慣をつけるための声かけ: 毎日決まった時間に学習する習慣が身につくように、優しく声かけを行いましょう。
  • タブレット学習以外の学習方法との組み合わせ: ドリルや参考書なども併用することで、より理解を深めることができます。
  • モチベーション維持のための工夫: 目標達成シートを作ったり、ご褒美を用意したりするのも効果的です。
  • 利用時間のルール設定: ダラダラと長時間利用しないよう、時間を決めておくことが重要です。

まとめ: お子さんに合った教材で国語力を育みましょう

タブレット学習は、 子どもの学習意欲を高め、効果的に国語力を伸ばせる 有効な学習方法の一つです。

今回ご紹介した 教材選びのポイント や 保護者のサポート方法 を参考に、ぜひお子さんに合った教材を見つけて、国語学習を成功させてください。


無料体験で、お子様にぴったりの教材を見つけよう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次