メインメニュー
がんばろう東北!

節電にご協力ください
東北電力電気使用量

お天気
XML2JSON sample
アクセスカウンタ
今日 : 1212
昨日 : 114114114
今月 : 2511251125112511
総計 : 628003628003628003628003628003628003
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

エコ・グリーン
当HPのメニューカラ―は「エコ・グリーン」です
ECOリパブリック白神とは?
活動
白神山地について
白神山地を歩く
<  2017年11月  
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
お知らせ/随筆 一覧

切り抜き詳細

発行日時
2013-6-5 11:50
見出し
【新チャレンジ】 『生ごみ処理機(コンポスト)を使おう』 が公開されました!
リンクURL
http://www.ecoichi.com/news#254 【新チャレンジ】 『生ごみ処理機(コンポスト)を使おう』 が公開されました!への外部リンク
記事詳細
毎日の炊事で生まれる野菜くずや肉や魚の切れ端や骨。 ゴミ回収日まで臭いと格闘し、ごみ出しの回収日に気を使い、ごみ出しの重さに格闘している方も多いのではないでしょうか? 生ごみは生物起源のごみですから、燃やしてもCO2は出ないことになりますが、ごみの中で最も重い生ごみを回収し、運搬するのにごみ回収車はガソリンを使い、また燃やしたり埋め立てるのにもエネルギーが使われています。 ごみを賢く分別することもエコかもしれませんが、ごみを出さないのが一番のエコです。 そこで、生ごみ処理機(コンポスト)を使いましょう。 生ごみ処理機には、微生物の力で分解する通称コンポストもあれば、電気の力を借りる電気式生ごみ処理機もあります。ご家庭の庭に穴を掘って、生ごみを捨てる方法もあります。 生ごみ処理機を使えば、毎日出る生ごみをご家庭で処理してしまうことができますから、臭いと格闘することからも、ごみ出しに苦労することからも解放され、エコだけど快適な生活を送ることができます。 ほかにも、生ごみ処理に挑戦することで、自然の中では「ごみ」は「ごみ」でなく、「資源」であることを知ったり、虫や微生物がいかにすばらしいことをしているかを知ったり、ミミズやカビ、微生物に感謝の気持ちを抱くかもしれませんし、生ごみを燃やすことに疑問がわくかもしれません。 自然がごみを処理できる量には限りがあることもわかるでしょう。 プラスティック容器や不燃物は自治体に任せるしかありませんが、生ごみ処理は自分でできます。 ぜひ、生ごみ処理にチャレンジしてみましょう。 『生ごみ処理機(コンポスト)を使おう』