メインメニュー
がんばろう東北!

節電にご協力ください
東北電力電気使用量

お天気
XML2JSON sample
アクセスカウンタ
今日 : 102102102
昨日 : 439439439
今月 : 5894589458945894
総計 : 618926618926618926618926618926618926
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

エコ・グリーン
当HPのメニューカラ―は「エコ・グリーン」です
ECOリパブリック白神とは?
活動
白神山地について
白神山地を歩く
<  2017年09月  
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
お知らせ/随筆 一覧

お知らせ - 最新エントリー

11月のイベント報告(「第4回食育フェスティバル in ヒロロスクエア」での「白神の新そば!親子そば打ち体験」の様子
でもちょっとだけ予告いたしましたが……

12月23日(水・祝)、ヒロロ3階ヒロロスクエア&4階市民文化交流館ホールにて開催された
「子どもクリスマスフェスティバル2015」(ヒロロスクエアコミュニケーションゾーン運営協議会主催)
にて【ブナの葉のしおり作りワークショップ】ブースを担当しました!
























昨年より行われている「子どもクリスマスフェスティバル」は、子どもたちが、
様々な物づくりや体験ができ、歌やバレエ、踊り等も鑑賞できるイベントです☆

当法人は、3階ヒロロスクエアで13:30~15:10開催の第1部「いろいろ体験してみよう」のひと枠で参加いたしました。

この日は、【クリスマスリース作り】【スノードームを作ろう!】など、
クリスマス!冬休み!感たっぷりのワークショップもあり……













「子どもたち、うちのブースにも来てくれるかしら」とドキドキしながら設営しておりましたら……



















なんと! 




















なんと!!







開始前からお隣の「あんよ・せらぴー共育研究会」さんが行う
【スノードームを作ろう!】に長蛇の列ができて興奮しておりましたが、
各ブースでの体験に寄られた方がこちらにもいらして下さいました!


あまりの盛況ぶりに、しおりの台紙が途中で(早々と)なくなり……
「白神山地のブナの木にあなたの夢をお教えて下さい」コーナー用の
薄緑色の画用紙を切って台紙に使ってもらいました。













こちらの準備不足でご迷惑をおかけいたしまして、大変申し訳ありませんでした!
(そして、「これ、切って使えばいいよね」と自ら画用紙を切ってくださったお父さん方、
名刺印刷用紙を譲って下さった運営協議会事務局さん、お世話になりました…!)


さて…































しおりは、こちらで準備いたしましたブナの葉を選んでもらい、
名刺大の台紙にそのままブナの葉を置いてラミネート、
またはブナの葉を置いた台紙の余白にお絵かきや名前を入れてラミネート、
その後、穴パンチで穴をあけ、しおり紐をつけて完成です!

ブナの葉そのものを活かしてシンプルに作るお子さん、
ブナの葉をハート形にしたりと加工して作るお子さん……様々でした。


これはブナの葉を加工して作ったお子さん…
葉の葉脈を活かして「小さな葉」たくさん作って、しかも、彩色しております! 
葉の配置も凝ってますね!

























(写真撮影&ウェブ掲載に応じて下さって有難うございます!)

みなさんの「作品」には、「ブナの葉をこう使うのか!」と、とても驚き&興奮いたしました…!


参加して下さったみなさん、本当に有難うございました!
自分で作ったしおり、ぜひ活用してくださいね☆

年末年始休業のお知らせ

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
takemori 2015-12-25 13:50
誠に勝手ながら、当法人では下記の期間年末年始休業いたします。
休業期間中は何かとご迷惑をおかけすることと存じますが、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

【年末年始休業期間】2015年12月30日(水)~2016年1月3日(日)
11月28日(日)、ヒロロ3階ヒロロスクエア・健康ホールにて……














「白神の新そば!親子そば打ち体験」開催いたしました!

この催し、当法人が参画しているヒロロスクエアコミュニケーションゾーン運営協議会主催
「第4回食育フェスティバル in ヒロロスクエア」
の一企画として実施いたしました。

今回は、「食育」「地産地消」(そして当法人はECOリパブリック“白神”)ということで、
地元のもの、弘前市のおとなり・西目屋村で収穫されたそば粉を使ってのそば打ち体験です。













そば打ちの先生は、西目屋村の「(一財)ブナの里白神公社」の方々……
写真の左から、角田克彦さん、平田俊也さん、小山内悠平さん。

先生いわく、今年そばは全国的に不作傾向にあるが、西目屋村での収穫量は多かったとのこと。
「(収穫)量が多いとそばも美味しい」のだそうです。













先生方のお話を聞く参加者のみなさん。

みなさんがいるテーブルの前には……












そば粉を混ぜるこね鉢、そば生地をのばすめん棒、そして生地を切るそば包丁や駒板など道具がそろっています。

さあ、そば打ち体験開始です!

まずは、そば粉を入れ物にあけ、水を注ぎます。









今回は二八そば、そば粉が8割、つなぎの粉が2割のおそばです。
(後で、先生がテーブルをまわりながら、水が入ったカップをひっくり返し、残っていた水を入れていました。
いわく「ほんの数滴で(そばの)出来が違う」のだそうです……!)

ん、先生方が両手をあげて何やら動作をしていますよ……??












これは、そば粉をまぜる時の手の動作です。
猫の手で円を描くようにまぜるんだそうです。

みなさん、まぜまぜしています。









そこここで
「まぜたら、そばの香りがする~」
「ピーナッツの香りがする」
「最初、ワサビ?と思った」といった感想が飛び交います。

この後、まぜたそば粉を平らにして、再度水を入れ、まぜて……













粉が、かたまりになってきました。

かたまりのシワをなくす作業、真ん中にシワを集めて押して、シワを集めて押して……












この頃になると、生地に弾力が出て、力のいる作業になってきます。
先生の「そば打ちの人は腕が太い」という言葉に納得……

これは、生地を円錐形にしています。こね鉢の傾斜をうまく使うのだそうです。












いよいよ、めん棒を使ってそばの生地をのばします。
下記写真の手の位置にご注目……













生地をなるべく均等に延ばせるよう、めん棒の上で手を内外に動かしているのです~
(もう少し連写撮影すれば良かったです…)

こういった共同作業風景もいくつか見られましたよ!












ひたすら、のばして、のばして、のばして、のばして、のばして……
円というより四角に近くなった薄い生地を、めん棒を使ってたたみます。













たたむ時には「打ち粉」をまぶします。












四角にたたんだ生地をそば包丁で切って……










持ち帰り用のパックにつめて……つめて……












先生方におうちでのそばの茹で方のポイントを聞いて、本日の体験、終了です!

時間にして1時間強、みなさん、お疲れ様でした!
力のいる作業も多く、親子で、兄弟で一緒に力を合わせたり、
お父さんが、お母さんが、お兄ちゃん、お姉ちゃんが奮闘する姿もありました。
今回は、午前午後の2回実施したのですが、10組28人のみなさんが参加してくださいました!
参加して下さったみなさん、そして先生方、ありがとうございました!!!!!

子ども達、自分で作ったそばの味はいかがでしたでしょうか……

ちなみに、西目屋産のそば粉を使った「白神そば」は物産センター Beechにしめや等、
「ブナの里白神公社」さんが運営する施設で食べられますよ!
みなさん、身近にある世界自然遺産白神山地、西目屋村に遊びに行ってみて下さい♪

※「白神そば」については、こんな記事もありました↓
東奥日報「食の味力発見!!」西目屋村 白神そば(2015年5月4日)
※大人の方、おそばだけでなく、西目屋さんのそばを使ったそば焼酎もあるようですよ~。


さて、当法人が参加する次のヒロロスクエアコミュニケーションゾーン運営協議会のイベントは、
12月23日(水・祝)「子どもクリスマスフェスティバル」。
ブナの葉のしおり作りブース出展予定ですよ♪



※今回のプログラムは、一般財団法人白神山地財団が平成26年度に環境省「地域活性化に向けた協働取組の加速化事業」で作成した「白神型ESDプログラム『白神山地で白神様になろう!』」の一部「第3章 食文化に触れる」をベースにしています。(*)

























*参考:
平成26年度 地域活性化に向けた協働取組の加速化事業
「『白神の恵みと(ESD)環境教育フォーラム』開催しました!」(白神山地財団ウェブページ)
またまた、当法人が参画しているヒロロスクエアコミュニケーションゾーン運営協議会主催イベントのお知らせです!

今回は……「第4回食育フェスティバル in ヒロロスクエア」!






















11月28日(土)10:00~13:30、ヒロロ(駅前町9-20)3階ヒロロスクエアで行われる、おいしく楽しく「食育」について学べるイベントですよ!

詳細はチラシをご参照ください(下記リンクをクリックするとダウンロードできます!)。
「第4回食育フェスティバル in ヒロロスクエア」ちらし

炊き込みご飯や、郷土料理「いがめんち」の試食、
「揚げない大学芋」や、男子向けレシピ「レタスの海苔風味」の調理実演、
そしてそして…玄米にぎにぎ体操、食育劇「栄養戦隊三色レンジャー」!(かなり気になります!)

ぜひ、遊びに来てください♪


当法人では、健康ホールで「白神の新そば!親子でそば打ち体験」(要申込)を実施しますよ~。
おかげ様で、定員もうすぐいっぱいとなります。
詳しくはお問合せください。
当法人が参画しているヒロロスクエアコミュニケーションゾーン運営協議会主催イベント
【ひろさきアフタースクール 親子で本気の理科実験 ~科学捜査班「優子さんを捜せ!」~】のお知らせです。
11月14日(土)10:00~ 場所はヒロロスクエア健康ホールで開催されます。
日テレ「世界一受けたい授業」でおなじみの松延康先生がやってきます!親子で科学の世界を楽しんでみませんか?

※ 要事前申込。詳しくはチラシをご覧下さい。

4月25日に第1回をスタートした野遊楽校もいよいよ最後。
第4回目のプログラム「水のみなもとを旅しよう」(※)が先日無事終了しました。














今回は建設中の津軽ダムの見学と、暗門川で生物の観察をします。














まずは津軽ダム工事事務所の佐々木さんにダムを案内して頂きました。
右に見える壁のようなのが平成28年度完成予定の津軽ダムです。
完成すれば堤高97.2mです。(左に見える目屋ダムの堤高は58m)

]



そして、まだ建設途中の管理庁舎の中へ。
1階にはマニアにはたまらない日本中の「ダムカード」がずらりと展示されています。














ダムカードの右上のアルファベットには意味がありまして、
ダムの目的が表示されています。
津軽ダムの目的は
F(洪水調節、農地防災)
N(不特定用水、河川維持用水)
A(かんがい用水)
W(上水道用水)
I(工業用水)
P(発電)の6つです。




                              黒部ダムもありました。


2階です。
まだ建設途中なので表示画面も調整中とのこと。














さぁ、ダムの上の部分、天端(「てんば」というそうですよ)を歩きます。

下を見ると、やっぱ怖いですね。
目屋ダムを含めてそこから今見えている景色は、津軽ダムの完成と共に水の中へ。
今見えている景色は、今だけものなのです。




さて、このダムの水はどこから流れて来ているのか?
そして、そこにはどんな生き物がいるのか?ちょっと川をさかのぼってみましょう♪



いつもの集合場所、アクアグリーンビレッジANMONのすぐ近くの川、暗門川に到着です。













暗門川では弘前大学白神自然環境研究所の檜垣先生、中村先生、山岸先生が、
みんなが見つけた水中生物について教えてくれます。


おおっ、さっすが先生!顕微鏡持参です。
(そして、顕微鏡を見るために必要な電源は車からとってましたよ)
テントも機材もアミも先生のもの!

これで見るとカゲロウもエイリアンのように見えるのです。














そして、今回ですべてのプログラムが終了ということで、
終了証書を子どもたちへ渡しました。













最後に記念撮影!
今回も弘果弘前中央青果さんからハローキティ森のバナナ君のプレゼントがありました。
(森のバナナ君は売上の一部を白神山地の保全活動資金として寄附されています)














今回ご協力頂いた弘前大学の先生方。
毎回お手伝いして頂いたエコ・遊の皆さん。
この野遊学校の活動を支援してくださいました
東京海上日動火災保険㈱の皆さんとEPO東北さん。
(青森からの人、むつからの人、仙台からの人、東京からの人、熊本からの人!)


そして、なんといっても参加してくれた子ども達!
(お仕事が休みの中、車で西目屋の集合場所まで来てくれたお父さん、お母さん!)

本当に有難うございました☆


※今回のプログラムは、協力団体の一般財団法人白神山地財団が平成26年度に弘前大学白神自然環境研究所所長・檜垣大助氏らと作成した「白神型ESDプログラム『白神山地で白神様になろう!』」の一部「第3章 水に触れる」をベースにしています。(*)






















*参考:
平成26年度 地域活性化に向けた協働取組の加速化事業
「『白神の恵みと(ESD)環境教育フォーラム』開催しました!」(白神山地財団ウェブページ)
第3回の白神山地野遊楽校第2弾を、30日に西目屋村大秋地区で開催しました。














これは26日に行われた野遊楽校に応募して頂いた方があまりにも多く「ええっ、こんなに参加してもらえるのならば、もう1回やるべし!」と急遽もう一度実施することになったものです。


お天気完璧、川の水も澄んでいる。
よし、魚も見えるぞ。


さぁ、川に入るぞ!!!













の前に、魚を獲る「竹ヤス」を作ります。
皆で川辺で黙々と作業です。

で、竹ヤスが出来上がったら♪




川に入って、魚をさがします。
皆、自作の箱メガネ(中には本格的なモノもありました)で川底を覗きます。















あっ、へっへび!! 















へびはスルスルッと岩陰に逃げて行きます。

私達がへびや虫が住んでいるところで遊ばせてもらっているのに、逆に驚かせて申し訳ないっス。


そろそろお昼。
本当は川で獲れた魚を焼いて食べたいところだけど、事前に講師の三上さんが獲ってくれた「イワナ」「ヤマメ」を塩焼きにして食べましょう。

子ども達にはお魚を串に刺すお手伝いをしてもらいました。














お魚を串に刺す感触、覚えておいてくださいね。
ぐにゃっとしているでしょ。

















これは今回参加した子どもが川で獲った魚です。
(竹ヤスで!!…ではなく、すくって獲ったと思いますが)

この魚のように「生きていた」モノを私達は日々食べているんです。
食べる時には忘れてしまいがちだけど、その魚たちは生きていたんですよ。

そうして私達は毎日を暮らしているんですよね。














今回は炭火で焼いたお魚と、講師の三上さんが畑で作った新じゃがと豚汁でお昼ご飯です。
ホクホクの新ジャガに程良い塩加減が絶妙で、みんなから大好評でした。



そして、最後に記念撮影です。
今回も弘果弘前中央青果さんからハローキティ森のバナナ君のプレゼントがありました。
(森のバナナは売上の一部を白神山地の保全活動資金として寄附しています)















アブなどの虫刺されが心配されましたが、誰も刺されることなく無事終了してなによりでした。
ご参加頂いたご家族の皆さん、有難うございました。


さて、まだまだ箱メガネで川を覗き足りない、もっと川について知りたい!という皆さん。
只今、第4回の野遊楽校募集中です。

第4回野遊楽校について

弘前大学の先生たちと一緒に、ダム見学や川を観察しましょう。
このダムの水はどこから来るのか、そしてどこへ行くのか。
さぁ次回は「水のみなもとを旅しよう」!
第3回を26日に開催しました。

この日は2日前に降った雨の影響で川が濁り、また水も多かったため、予定していた「かんつかを竹ヤスでとろう」は安全を考慮して急遽中止としました。

自然というのはそれだけ注意をしなければならないもので、自然のフィールドで遊ばせてもらうということは相手(自然)のご機嫌や都合も知っておかなければならないのですねぇ。

そこで今回は!
「まき割り」「竹ヤス作り」「木に絵を描く」「わらをなう」「炭で魚を焼く」の五本立てでお送りいたします、んがっくく。と、なりました。














すると、村内放送から吉幾三さんの声とラジオ体操が聞こえてきました。
よし、ここはみんなでラジオ体操でカラダをほぐしておきましょう♪
















さぁ、皆さん、やってみたいこと、好きなことを何個でもやりましょう。


さぁーて、これはチカラとコツが必要なまき割りですね。
うーん、スパンっと割るには大人でもかなり難しい…。



おおっ、縄作りだ。
えーんりゃこら♪の掛け声とともにまずはわらを叩き、柔らかくします。



そして、そのわらで縄を作るのです。
これも子ども達にとっては(大人にとっても?)初めての体験なのでは?



竹ヤスも完璧な出来栄え!!
ほんと、川に入れないのが残念です…。















こちらでは木を切って、絵を描いてコースター作りです。
丸い形、木の年輪を生かしてそれぞれの個性豊かな作品が出来上がります。










と、そんなこんなでもうすぐお昼。
それでは今回のメインイベント、お魚を食べましょう♪
(これは講師の方にお願いをして事前に準備して頂きました)
魚を食べるために串にさし、炭に火を付けるところからスタート。
じっくりと焼きますよ。



おまけでニンニクも焼いちゃいました♪

お昼は持参してもらったおにぎり、そして豚汁とデザートにハローキティのバナナ付き♪
(弘果 弘前中央青果さんからバナナを提供して頂きました。有難うございます)

最後は集合写真を撮って、本日のプログラムは終了です。













今回は(プログラム変更で)川に入れなかったし魚も獲れなかったけど、普段は出来ない「まき割り」「縄作り」等をしました。
体験してみて皆はどうだったかな?
(とは言え、子ども達は川で遊びたかったよね…)

ご参加頂いたお父さん、お母さん!
子ども達と一緒に来てくれて本当に有難うございました。

そして、お父さんお母さんにお願いが1つ…。
今回の体験にためにワークショップに参加をし、子ども達が作った箱メガネ。
なんとか夏休みに一度使って見てください、本当にキレイに川底が見えるんですよ。
今年度も4月より開催しておりました白神山地親子体験プログラム「白神山地野遊楽校(しらかみさんちのあそびがっこう)」、
ついに最終回、第4回のお知らせです!























最終回のテーマは「水のみなもとを旅しよう」
水をたくわえるダム建設現場の見学、そして上流の川に入っての自然観察(生き物や石探し)で、
生活に欠かせない「水」に触れる旅にでかけますよ!

ちなみに、今回のプログラムは…
協力団体の一般財団法人白神山地財団が平成26年度に弘前大学白神自然環境研究所所長・檜垣大助氏らと作成した
「白神型ESDプログラム『白神山地で白神様になろう!』」の一部「第3章 水に触れる」をベースにしています!(*)






















*参考:平成26年度 地域活性化に向けた協働取組の加速化事業


津軽ダム建設現場で私たちの生活に欠かせない水を蓄えるダムの役割、ダムの水が何に使われているのかを学んだ後は、暗門川で自然観察します。
川に入って、網で水中の生物をすくったりして捕まえた生物を、顕微鏡で観察したり、
弘前大学白神自然環境研究所の先生方、昆虫の先生、植物の先生、岩石の先生に解説してもらいますよ~!
------------------------------------------------------------
■日時:8月29日(土)集合12:25〜12:40/自然体験13:00~16:00
■集合場所:津軽ダム工事事務所駐車場 ※バスで移動します
■対象・募集人数:青森県内全域の小学校2年生以上の児童・生徒とその保護者(原則親子参加)=50名程度 ※先着順
■申込受付:7月27日(月)~8月17日(月) 
------------------------------------------------------------
ぜひご参加ください!!!!!

詳しくは第4回チラシ・申込書をご覧ください。
チラシ・申込書は下記よりダウンロードできます。
↓ダウンロード↓
第4回チラシ
第4回申込書

【お問合せ】NPO法人ECOリパブリック白神 電話0172-88-8808(平日9:00~18:00)
※お取りできない際は留守電となっていますので、御連絡先とメッセージをお入れ下さい。折り返しご連絡いたします。

※川辺での開催となるため、開催直前の川の様子などを見てプログラム内容を変更する可能性もございます。
自然には危ないこともいっぱいあります。それを学ぶためのプログラムでもありますが、ケガなく楽しく活動するため、
状況を見ながら対応してまいりますので、何卒ご理解、ご協力をいただけますようお願い申し上げます。

-----------
【2013年度(2013年10月~2014年9月)の開催記録はこちら】
第1回:4月26日(土)「植物の芽を探してみよう 残雪があれば雪上ウォーク」レポート
第2回:6月21日(土)「植物の葉を探してみよう」レポート
第3回:7月26日(土)「食べられるものを探してみよう」レポート
第4回:9月6日(土)「林道を歩いてみよう 水辺で遊んでみよう」レポート
第4回に集めた材料で参加者さんが作った作品写真 その1
第4回に集めた材料で参加者さんが作った作品写真 その2


*「Green Giftプロジェクト」とは、東京海上日動火災保険株式会社が、ご契約時にお客様に「ご契約のしおり(約款)」等をホームページで閲覧する方法を選択いただくことにより、削減した紙資源の使用量策減額の一部で環境保護活動をサポートするものです。
2013年より各地域の環境NPOと協力して、主に子どもたちとそのご家族を対象とした環境保護に関する体験活動を行います。
環境保護に関する体験活動を通じて、子どもたちが身近なところから環境について考えるきっかけを持つことによって、持続可能な社会が実現することを目指しています。

ママフェスタ・2015夏!のお知らせ♪

カテゴリ : 
まちづくり
執筆 : 
takemori 2015-7-7 12:02
アクセサリーなどのワークショップに、ハンドメイド作品の販売、そして木のおもちゃで遊べるコーナーなど子どもから大人まで楽しめるイベントです。
ステージでは【おにぎらず作り教室】や【キッズチアステージ!】もありますよ。

【ママフェスタ2015・夏】























日時 7月18日土曜日 
   午前10時~午後2時30分
場所 ヒロロ階ヒロロスクエア

そして、そして♪
ECOリパブリック白神では【絵手紙ワークショップ】を行います。






















ブナのボードに描いてもらいます。(ボードは当日お渡し致します)
伝えたい言葉、絵などを描いてプレゼントしてみるのもいいかも♪
お部屋に飾っても素敵ですよぉ☆

時 間 午前10時~12時
受 付 9時45分
持ち物 絵を描く道具をご持参下さい。
対 象 小中学生
※20名程度の募集なので、ご希望の方はお早目にご連絡下さい。

お問合せ ECOリパブリック白神
電話 0172-88-8808(平日9時~18時)
F A X 0172-88-8809