メインメニュー
がんばろう東北!

節電にご協力ください
東北電力電気使用量

お天気
XML2JSON sample
アクセスカウンタ
今日 : 6767
昨日 : 313313313
今月 : 5420542054205420
総計 : 618452618452618452618452618452618452
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

エコ・グリーン
当HPのメニューカラ―は「エコ・グリーン」です
ECOリパブリック白神とは?
活動
白神山地について
白神山地を歩く
<  2017年09月  
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
お知らせ/随筆 一覧
  • カテゴリ 子どもの健全育成 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

お知らせ - 子どもの健全育成カテゴリのエントリ

11月のイベント報告(「第4回食育フェスティバル in ヒロロスクエア」での「白神の新そば!親子そば打ち体験」の様子
でもちょっとだけ予告いたしましたが……

12月23日(水・祝)、ヒロロ3階ヒロロスクエア&4階市民文化交流館ホールにて開催された
「子どもクリスマスフェスティバル2015」(ヒロロスクエアコミュニケーションゾーン運営協議会主催)
にて【ブナの葉のしおり作りワークショップ】ブースを担当しました!
























昨年より行われている「子どもクリスマスフェスティバル」は、子どもたちが、
様々な物づくりや体験ができ、歌やバレエ、踊り等も鑑賞できるイベントです☆

当法人は、3階ヒロロスクエアで13:30~15:10開催の第1部「いろいろ体験してみよう」のひと枠で参加いたしました。

この日は、【クリスマスリース作り】【スノードームを作ろう!】など、
クリスマス!冬休み!感たっぷりのワークショップもあり……













「子どもたち、うちのブースにも来てくれるかしら」とドキドキしながら設営しておりましたら……



















なんと! 




















なんと!!







開始前からお隣の「あんよ・せらぴー共育研究会」さんが行う
【スノードームを作ろう!】に長蛇の列ができて興奮しておりましたが、
各ブースでの体験に寄られた方がこちらにもいらして下さいました!


あまりの盛況ぶりに、しおりの台紙が途中で(早々と)なくなり……
「白神山地のブナの木にあなたの夢をお教えて下さい」コーナー用の
薄緑色の画用紙を切って台紙に使ってもらいました。













こちらの準備不足でご迷惑をおかけいたしまして、大変申し訳ありませんでした!
(そして、「これ、切って使えばいいよね」と自ら画用紙を切ってくださったお父さん方、
名刺印刷用紙を譲って下さった運営協議会事務局さん、お世話になりました…!)


さて…































しおりは、こちらで準備いたしましたブナの葉を選んでもらい、
名刺大の台紙にそのままブナの葉を置いてラミネート、
またはブナの葉を置いた台紙の余白にお絵かきや名前を入れてラミネート、
その後、穴パンチで穴をあけ、しおり紐をつけて完成です!

ブナの葉そのものを活かしてシンプルに作るお子さん、
ブナの葉をハート形にしたりと加工して作るお子さん……様々でした。


これはブナの葉を加工して作ったお子さん…
葉の葉脈を活かして「小さな葉」たくさん作って、しかも、彩色しております! 
葉の配置も凝ってますね!

























(写真撮影&ウェブ掲載に応じて下さって有難うございます!)

みなさんの「作品」には、「ブナの葉をこう使うのか!」と、とても驚き&興奮いたしました…!


参加して下さったみなさん、本当に有難うございました!
自分で作ったしおり、ぜひ活用してくださいね☆
11月28日(日)、ヒロロ3階ヒロロスクエア・健康ホールにて……














「白神の新そば!親子そば打ち体験」開催いたしました!

この催し、当法人が参画しているヒロロスクエアコミュニケーションゾーン運営協議会主催
「第4回食育フェスティバル in ヒロロスクエア」
の一企画として実施いたしました。

今回は、「食育」「地産地消」(そして当法人はECOリパブリック“白神”)ということで、
地元のもの、弘前市のおとなり・西目屋村で収穫されたそば粉を使ってのそば打ち体験です。













そば打ちの先生は、西目屋村の「(一財)ブナの里白神公社」の方々……
写真の左から、角田克彦さん、平田俊也さん、小山内悠平さん。

先生いわく、今年そばは全国的に不作傾向にあるが、西目屋村での収穫量は多かったとのこと。
「(収穫)量が多いとそばも美味しい」のだそうです。













先生方のお話を聞く参加者のみなさん。

みなさんがいるテーブルの前には……












そば粉を混ぜるこね鉢、そば生地をのばすめん棒、そして生地を切るそば包丁や駒板など道具がそろっています。

さあ、そば打ち体験開始です!

まずは、そば粉を入れ物にあけ、水を注ぎます。









今回は二八そば、そば粉が8割、つなぎの粉が2割のおそばです。
(後で、先生がテーブルをまわりながら、水が入ったカップをひっくり返し、残っていた水を入れていました。
いわく「ほんの数滴で(そばの)出来が違う」のだそうです……!)

ん、先生方が両手をあげて何やら動作をしていますよ……??












これは、そば粉をまぜる時の手の動作です。
猫の手で円を描くようにまぜるんだそうです。

みなさん、まぜまぜしています。









そこここで
「まぜたら、そばの香りがする~」
「ピーナッツの香りがする」
「最初、ワサビ?と思った」といった感想が飛び交います。

この後、まぜたそば粉を平らにして、再度水を入れ、まぜて……













粉が、かたまりになってきました。

かたまりのシワをなくす作業、真ん中にシワを集めて押して、シワを集めて押して……












この頃になると、生地に弾力が出て、力のいる作業になってきます。
先生の「そば打ちの人は腕が太い」という言葉に納得……

これは、生地を円錐形にしています。こね鉢の傾斜をうまく使うのだそうです。












いよいよ、めん棒を使ってそばの生地をのばします。
下記写真の手の位置にご注目……













生地をなるべく均等に延ばせるよう、めん棒の上で手を内外に動かしているのです~
(もう少し連写撮影すれば良かったです…)

こういった共同作業風景もいくつか見られましたよ!












ひたすら、のばして、のばして、のばして、のばして、のばして……
円というより四角に近くなった薄い生地を、めん棒を使ってたたみます。













たたむ時には「打ち粉」をまぶします。












四角にたたんだ生地をそば包丁で切って……










持ち帰り用のパックにつめて……つめて……












先生方におうちでのそばの茹で方のポイントを聞いて、本日の体験、終了です!

時間にして1時間強、みなさん、お疲れ様でした!
力のいる作業も多く、親子で、兄弟で一緒に力を合わせたり、
お父さんが、お母さんが、お兄ちゃん、お姉ちゃんが奮闘する姿もありました。
今回は、午前午後の2回実施したのですが、10組28人のみなさんが参加してくださいました!
参加して下さったみなさん、そして先生方、ありがとうございました!!!!!

子ども達、自分で作ったそばの味はいかがでしたでしょうか……

ちなみに、西目屋産のそば粉を使った「白神そば」は物産センター Beechにしめや等、
「ブナの里白神公社」さんが運営する施設で食べられますよ!
みなさん、身近にある世界自然遺産白神山地、西目屋村に遊びに行ってみて下さい♪

※「白神そば」については、こんな記事もありました↓
東奥日報「食の味力発見!!」西目屋村 白神そば(2015年5月4日)
※大人の方、おそばだけでなく、西目屋さんのそばを使ったそば焼酎もあるようですよ~。


さて、当法人が参加する次のヒロロスクエアコミュニケーションゾーン運営協議会のイベントは、
12月23日(水・祝)「子どもクリスマスフェスティバル」。
ブナの葉のしおり作りブース出展予定ですよ♪



※今回のプログラムは、一般財団法人白神山地財団が平成26年度に環境省「地域活性化に向けた協働取組の加速化事業」で作成した「白神型ESDプログラム『白神山地で白神様になろう!』」の一部「第3章 食文化に触れる」をベースにしています。(*)

























*参考:
平成26年度 地域活性化に向けた協働取組の加速化事業
「『白神の恵みと(ESD)環境教育フォーラム』開催しました!」(白神山地財団ウェブページ)
今日は、当法人が所属しているヒロロスクエアコミュニケーションゾーン運営協議会主催イベント
【ひろさきアフタースクール 集まれ!未来のキャラクターデザイナー&ゲームクリエイター】のお知らせです!

2015年4月26日(日)、原作の大切さ、造る楽しさをお話やワークショップで体験してもらうイベントです。
講師は“たか丸くん”の作者せのおしょうご氏と“星のカービィ”などの名作を数々生んだプロデューサー足立靖氏です。

※詳細はチラシをご覧ください
[子どもゆめ基金(独立行政法人国立青少年教育振興機構)助成活動]

※こちらの画像をクリックするとチラシ兼申込書がダウンロードできます。

【日 程】①7/30(土) ②8/27(土) ③10/1(土)
【場 所】白神山地 アクアグリーンビレッジANMON周辺
【案内人】白神プロガイドTOKIさん(有限会社エコ・遊代表)
【対 象】小学校1年生~中学校3年生
【参加費】1人 500円(昼食込・保険料) ※当日受付にて
【定 員】各日先着30名(小学1年~中学3年)
【持ち物】汗ふきタオル・水筒(飲み物)
【服 装】長袖・長ズボン・動きやすい服装・帽子 ※虫対策のため黒っぽい物はさける。

【スケジュール】
 9:00 弘前市役所集合、体験活動説明
 10:00 「白神プロガイドTOKIさん」のお話タイム
 10:30 「野外クッキング準備」炭を使わず、なたや小刀を使ったマキ集め
 11:00 「みんなで豚汁を作ろう」包丁を使った野外クッキング
 12:00 「昼食・あとかたづけ」環境に配慮した野外でのあとかたづけの指導
 13:40 「マザーツリーの森散策」バス内レクチャー・トレッキング体験
 15:30 終了・現地出発
 16:30 弘前市役所到着・解散

 ※刃物を使用するため、スタッフの数も多くしております。
  小学校1年生~中学校3年生お子さんが対象であり、
  付き添いなしで大丈夫ですが、お父さん・お母さんの参加も大歓迎です。

 ※荒天時は中止の場合があります。あらかじめご了承ください。


■申込み
メール・FAX・電話で、参加希望日、お名前(ふりがな)、学校名、学年、住所、電話番号を明記・お知らせの上、以下までお申込み下さい。
■締切
各実施日前の月曜日(①7/25(月)、②8/22(月)、③9/26(月))


NPO法人ECOリパブリック白神
〒036-8082 弘前市福村1 丁目5-4 エコウィンハウス
TEL 0172-29-4093 FAX 0172-29-4092
E-mail jimukyoku@shirakamifund.jp
事業名:自然体験「しらかみさん家へ集合ね!」
実施月日:平成21年8月9日(日)
実施場所:白神山地 アクア暗門ビレッジ(雨天時 白神ビジターセンター)
募集人員:30人(小学生高学年)
プログラム:「白神ガイドTOKIさん」のお話タイム
       ランチタイム『みんなで豚汁を作ろう』
      「散歩道」or「巨木ふれあいの径」現地体験
詳細はこちらhttp://shirakamifund.jp/modules/pico/index.php?content_id=23

だんぶり池でホタル観察会

カテゴリ : 
子どもの健全育成
執筆 : 
ecomaster 2009-6-27 6:53
ホタルの観察会 概要
日  時  平成21年7月18日(土)20時から21時
場  所  だんぶり池(弘前市小沢)
対  象  弘前市内の小学生4年生から6年生参加費   無料
主  催  日専連弘前
共  催  NPO法人ECOリパブリック白神
詳細はこちら http://shirakamifund.jp/modules/pico/index.php?content_id=27