メインメニュー
がんばろう東北!

節電にご協力ください
東北電力電気使用量

お天気
XML2JSON sample
アクセスカウンタ
今日 : 6565
昨日 : 313313313
今月 : 5418541854185418
総計 : 618450618450618450618450618450618450
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

エコ・グリーン
当HPのメニューカラ―は「エコ・グリーン」です
ECOリパブリック白神とは?
活動
白神山地について
白神山地を歩く
<  2017年09月  
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
お知らせ/随筆 一覧
  • カテゴリ 環境の保全 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

お知らせ - 環境の保全カテゴリのエントリ

当法人では、活動にご協力いただく方のエコ意識の醸成やゴミやCO₂の排出量削減を目的として、通常燃やせるゴミに出してしまうペットボトルのフタを、エコキャップとして回収し、リサイクルする活動をしています。
また、資源化代金の寄付は当法人の環境教育事業・世界自然遺産白神山地の保全事業などに活用させていただいております。
エコキャップの回収についてはこちら

三岳児童センターさんに引き続き、平成29年3月11日(土)、大沢児童館さんにお邪魔してエコキャップを受け取って来ました。
大沢児童館さんでの贈呈式は、今年度で7回目となります。

初めに、当法人の渋谷理事から、エコキャップのリサイクルについて、白神山地や地球温暖化、CO₂の削減などを交えながらお話をしました。



みんな真剣に聞いてくれています。

続いて贈呈式です。みんなで記念撮影♪
1年間で集めていただいたエコキャップをしっかりと受け取りました。



大沢児童館の皆さん、今年もたくさんのエコキャップをありがとうございました!
当法人では、活動にご協力いただく方のエコ意識の醸成やゴミやCO₂の排出量削減を目的として、通常燃やせるゴミに出してしまうペットボトルのフタを、エコキャップとして回収し、リサイクルする活動をしています。
エコキャップ1kg(約400個)をゴミとして焼却処分すると3,150gのCO₂が発生すると言われておりますので、エコキャップのリサイクルはCO₂削減にもそれなりの効果があると思います。
また、資源化代金の寄付は当法人の環境教育事業・世界自然遺産白神山地の保全事業などに活用させていただいております。
エコキャップの回収についてはこちら

今年度も三岳児童センターの皆さんがエコキャップをたくさん集めて寄付して下さいました。
三岳児童センターさんの贈呈式は、今年度で4回目になります。

贈呈式の前に、エコ講座を行いました。
あおもりアースレンジャー(青森県地球温暖化防止活動推進員)さんが「ペットボトルのリサイクル」についてお話しして下さいました。



そしてお話の後はペットボトルの空容器などを利用したおもちゃを紹介して、



子どもたちに実際に遊んでもらいました。



「エコクラフト」と呼ぶそうですが、けん玉や空気砲、竹とんぼやアーチェリーなど色々なおもちゃがありました。


短い時間でしたが、皆興味津々で楽しそうに遊んでくれました。良かった。

最後に1年間で集まったエコキャップと一緒に記念撮影。しっかりと受け取りました♪



その量57.1kg
三岳児童センターの皆さん、今年もたくさんのエコキャップをありがとうございました☆
平成29年1月17日(火)、今年度もまた、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社様よりご寄付をいただきました。


左:あいおいニッセイ同和損保株式会社青森支店長本田様/右:当法人太田理事長

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社様では、環境保護活動の一環として ペーパーレス化につながるeco保険証券・Web約款を導入し、紙資源の節約を推進しています。

このeco保険証券・Web約款の選択件数に応じて、国内外で森林保全活動を行っている 一般社団法人more treesなどの環境保護活動を行っている団体への寄付や、日本ユネスコ協会連盟等を通じた東日本大震災の被災地や被災した子どもたちへの寄付を行っています。
あいおいニッセイ同和損保様の寄付活動ページはこちら

そして、地域社会とのつながりを大切にする「地域密着」を行動指針の1つとして掲げられており、環境保護活動を行う団体への寄付の中には、地域NPO団体への寄付もございます。
地域別寄付活動の寄付先は、eco保険証券・Web約款を選択されたご契約を取り扱う 営業課支社の所在する地域で活動するNPO団体です。
(青森県では、今年度、青森市のNPO法人青森県環境パートナーシップセンターさんと当法人がご寄付をいただきました)

この寄付金は、白神山地の環境教育活動等に活用させていただきます!
役員、職員一同ご厚意に心より感謝申し上げます。
大沢児童館の皆さんのエコキャップと言えば・・・
そう、毎年可愛いキャラクターをエコキャップで作ってくれ、
ECOリパブリック白神スタッフの密かな楽しみになっております

一昨年は人気ゆるキャラ“くまもん”















去年はアナと雪の女王の“オラフ”
























今年は・・・・・・
人気ゲーム ディズニーツムツムから

“ベイマックス”“ドナルド”“デイジー”“マリー”














すごく可愛い!!

ECOリパブリック白神理事の渋谷も思わず、この表情です











その後エコキャップのリサイクルについて、今年で5年が経つ東日本大震災のお話などをさせていただきました。














そして記念撮影☆













大沢児童館の皆さん
本当にありがとうございます!!
ECOリパブリック白神では、通常燃えるごみに出してしまうペットボトルの蓋を、
エコキャップとして回収し、リサイクルする活動をしています

今年も三岳児童センターの皆さんがエコキャップを沢山あつめて寄附してくれました

その量、なんと60.9kg!!

去年より10㎏以上も多く集めてくれました!!

エコキャップ1つがおよそ2.5gなので、およそ24,360個!!
本当にありがとうございます

今年も「エコ先生」久保田さんに来ていただき
地球温暖化のことや、ペットボトルがどのようにリサイクルされるかについてお話ししてもらいました










そして、皆さんがコツコツ集めてくれたエコキャップしっかりと受け取りました!!














記念撮影☆










三岳児童センターの皆さん本当にありがとうございました
2月4日(木)、今年度もまた、あいおいニッセイ同和損保様よりご寄付をいただきました。


























真ん中:あいおいニッセイ同和損保株式会社青森支店長本田様/左:NPO法人青森県環境パートナーシップセンター渋谷理事長/右:当法人太田理事長


あいおいニッセイ同和損保様では、環境保護活動の一環として
ペーパーレス化につながるWeb約款を導入し、紙資源の節約を推進しています。

このWeb約款の選択件数に応じて、国内外で森林保全活動を行っている
一般社団法人more treesや、東日本大震災における被災地支援を行う団体、
そして地域別寄付活動として、地域に密着した環境保護活動へ寄付活動を行っています(※)。

地域別寄付活動の寄付先は、Web約款をご利用いただいたご契約を取り扱う
営業店舗に所在する地域で活動するNPO団体です。
(青森県では、今年度、青森市のNPO法人青森県環境パートナーシップセンターさんと当法人がご寄付をいただきました)


この寄付金は、白神山地の環境教育活動等に活用させていただきます!
ご厚意に深く感謝申し上げます。

あいおいニッセイ同和損保の寄付活動ページはこちら
三岳児童センターの皆さんが今年度も「エコキャップ」を集めてくれました☆













こんなにたくさん!!本当に有難うございます。

さて、ここ、三岳児童センターにはこの贈呈式に登場するオリジナルキャラがいまして♪
その名も「エコキャップマン」!!














今年も会えたね、エコキャップマン♪



さてさて、みんなにもっと地球温暖化について知ってもらいたくて、
「エコ先生」久保田さんにいろいろとお話をしてもらいました。













二酸化炭素は水には溶けやすく、お湯には溶けにくいという実験をしたり。














スイッチを切っても消耗される電気「待機電力」について考えました。














そして、最後に皆さんが集めてくれたエコキャップを受け取りました。






身近なことからコツコツと。
小さいことことかもしれないけど、みんなで集めるとこんなにたくさん「エコキャップ」が集まります♪














三岳児童センターの皆さん(保護者の方、ご近所の方も!!)、
ご協力、有難うございました。
ECOリパブリック白神では、エコキャップの回収をしています。
エコキャップとは、ペットボトルのふたのことです。


ふたの重さはだいたい1個2.5gくらいで、昨年度はたくさんの方のご協力で合計で674㎏を回収しました!
だいたい「まわしを付けた横綱白鵬関」4人分くらいです。
(皆さま、ご協力有難うございました)

さて、3月7日土曜日、大沢児童館にて「エコキャップ贈呈式」が行われました。
これは、大沢児童館の皆さんが一年間集めたエコキャップをECOリパブリック白神が受け取るというものです。

ちなみに…
昨年の大沢児童館さんはエコキャプで!!

くまモンをつくってくれました。















さてさて今年は???

















オラフです!!
鼻のとんがりも完璧に再現しています。
一年間、集めてくれて有難う。
保護者の皆さんもご協力、有難うございました。




















このあと新しく出来た「ダンス部」のお披露目ダンスがありました。



















コスチュームも完璧なダンス部の皆さん。



「AKB48と嵐と、あと一曲は分からなかった…。
見ているのが、おっさん2人(理事とスタッフ)でごめんね…」と、贈呈式に行ったスタッフ談



大沢児童館の皆さん、エコキャップ回収のご協力有難うございました。
そしておっさん2人を癒してくれて有難う!!
当法人では、NPO法人青森県環境パートナーシップセンター(ストップ温暖化センターあおもり)
「北国青森における内窓を使用した節エネチャレンジ事業」に協力しております。




この事業では、リフォームや住宅購入で平成26年4月~平成27年2月末までに内窓を設置した世帯を対象に、
内窓による二酸化炭素削減効果を測るためのヒアリングアンケート調査への協力をよびかけています。


●対象 平成26年4月~平成27年2月までに内窓を設置した世帯=10世帯程度
●謝礼 モデル世帯を訪問してのヒアリングアンケート(30分程度)=1回5千円(源泉込)
    この他、室内モニタリングやサーモグラフィーでの撮影にご協力いただいた世帯には別途謝金。
●申込 平成27年2月27日(金)までに青森県環境パートナーシップセンター弘前センター(ECOリパブリック白神内、電話0172-88-8808)へ。
●問合 青森県環境パートナーシップセンター弘前センター(0172-88-8808/平日9:00~18:00)

※平成27年2月28日(土)弘前市総合学習センターにて当事業の勉強会も行います(14:00~16:00/参加無料)。

事業のチラシはこちらからダウンロードできます↓
「北国青森における内窓を使用した節エネチャレンジ事業」チラシ表面
「北国青森における内窓を使用した節エネチャレンジ事業」チラシ裏面



※この事業は環境省「平成26年度地域活動支援・連携促進事業」です。
ECOリパブリック白神では、エコキャップの回収をしています。

そうそう、あのペットボトルのふたです!!
25年度もエコキャップパートナーの皆さんが、たくさんのエコキャップを集めて下さいました。

25年度のエコキャップパートナーの皆さんをご紹介しますね。

☆弘前大学生協  374㎏
☆日本パルスモーター㈱岩木工場 18㎏
☆㈲RINGO MUSIC 16㎏

↓☆大沢児童館 30㎏ キャーくまもんだぁ!!












☆弘前市立第二中学校22㎏
☆株式会社保商7㎏
☆豊産管理株式会社4㎏
☆東北電力㈱弘前営業所 83㎏
☆児童デイサービスやよいのあかり12㎏

↓☆三岳児童センター43㎏ いっぱい集めてくれて有難う♪












☆(その他、個人やECOリパブリック白神分として24㎏)

あのふたの重さ、皆さん、ご存じですか?
だいたい重さは1個2.5gくらい!
1キロ集めるにはなんと約400個が必要なんですよ。

そして、25年度回収分のエコキャップは合計で674㎏になりました!
(重さのイメージは、まわしを付けた横綱白鵬関4人分くらい♪)

これをもし、ごみとして焼却したとします。
すると400個約1キロで3,150gのCO2を発生させるそうなので…。

計算すると!!

2123.1㎏のCO₂が削減が出来ました!
(ちなみに24年度は1733.13㎏でしたから、アップしましたね)

皆さま、ご協力有難うございました。

今年度もエコキャップを回収致しますので、ご協力の程、どうぞよろしくお願い致します。