メインメニュー
がんばろう東北!

節電にご協力ください
東北電力電気使用量

お天気
XML2JSON sample
アクセスカウンタ
今日 : 2121
昨日 : 100100100
今月 : 1989198919891989
総計 : 661444661444661444661444661444661444
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

エコ・グリーン
当HPのメニューカラ―は「エコ・グリーン」です
ECOリパブリック白神とは?
活動
白神山地について
白神山地を歩く
<  2018年11月  
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
お知らせ/随筆 一覧

お知らせ - 雪と温暖化 

雪と温暖化 

カテゴリ : 
随筆
執筆 : 
ecomaster 2010-2-20 10:20
 青森県の日本海側は雪国だ。昨年と今年は大雪だったので、いろいろ苦労した。わが家の梁も雪の重みでゆがみ、障子が閉まらなくなった。家の出口では除雪車が残した雪の土手片づけだった。

しかし不思議なもので、リンゴの枝きりやお城の桜の枝きりが始まると春の話題に気持ちがなびき、雪のつらさを忘れていく。   
地球温暖化といわれる割に、雪の量が多いじゃないかと気象の専門家に聞いた。
「温暖化は冬の最低気温上昇に現れるんですよ。温暖化で日本海の水温が上がれば、蒸発量が増えてかえって日本海側の雪量は増えるんです。
だけど世界中の高い山では雪が減っているのが事実です。その理由はまだ十分に分かっていないんです」という。
温暖化をイメージだけで考えている素人は、多少の変動があっても温暖化で雪が減っていくのかと思っていたのに、逆に増えることもあるのだ。
今年は平年の2倍も降って異常な年だと思っていたが、大雪が当たり前になってしまうのだろうか。
北海道出身で青森市に住む知り合いから言われた。
「こちらに来たとき北海道に比べて青森県の除雪の状況はひどいと思っていたけど、弘前市はいまだに遅れているね。国道に出るのに普段15分のところを、雪が降ったら一時間もかかってしまうなんて、生活が成り立たないよ」と。
雪が多いと言われる青森市だが、「今年の除雪は上手かった。一度も玄関の前の雪片づけをしなくてすんだ。」と聞くと、へづね思いだ。やりきれない。
同じような話はNHKのラジオで聞いた。北ドイツからの投書だ。
「こちらでは雪が降っても歩道はきれいに除雪されます。日本の雪国の人に見せたいです。」

これを読んだ女性アナウンサーは楽しい話題として朗らかに声を立てて笑った。雪国のことは雪国の人間でなくてはわからない。
「それでも、今年の弘前は去年より良くなった。ちょっとずつ良くなっていくよ」という人もいる。
温暖化と言われて久しい。温暖化防止のための努力がはじまっているが、それだけでなく、大雪に備えた危機管理にまで手を回す余裕を持ちたいものだ。
お城で桜が咲き、家で障子が閉まるようになったら雪の対策を忘れてしまうのかしら。


鶴見実
弘前大学 理工学部 地球環境学科 大気水圏環境学講座 教授
HEP21理事長

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://shirakamifund.jp/modules/d3blog/tb.php/43