メインメニュー
がんばろう東北!

節電にご協力ください
東北電力電気使用量

お天気
XML2JSON sample
アクセスカウンタ
今日 : 2121
昨日 : 5656
今月 : 1732173217321732
総計 : 638081638081638081638081638081638081
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

エコ・グリーン
当HPのメニューカラ―は「エコ・グリーン」です
ECOリパブリック白神とは?
活動
白神山地について
白神山地を歩く
<  2018年02月  
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
お知らせ/随筆 一覧

お知らせ - 今年度最後☆「『Green Gift』プロジェクト 白神山地野遊楽校」のお知らせ

今年度最後☆「『Green Gift』プロジェクト 白神山地野遊楽校」のお知らせ

カテゴリ : 
白神山地
執筆 : 
takemori 2015-7-14 15:39
今年度も4月より開催しておりました白神山地親子体験プログラム「白神山地野遊楽校(しらかみさんちのあそびがっこう)」、
ついに最終回、第4回のお知らせです!























最終回のテーマは「水のみなもとを旅しよう」
水をたくわえるダム建設現場の見学、そして上流の川に入っての自然観察(生き物や石探し)で、
生活に欠かせない「水」に触れる旅にでかけますよ!

ちなみに、今回のプログラムは…
協力団体の一般財団法人白神山地財団が平成26年度に弘前大学白神自然環境研究所所長・檜垣大助氏らと作成した
「白神型ESDプログラム『白神山地で白神様になろう!』」の一部「第3章 水に触れる」をベースにしています!(*)






















*参考:平成26年度 地域活性化に向けた協働取組の加速化事業


津軽ダム建設現場で私たちの生活に欠かせない水を蓄えるダムの役割、ダムの水が何に使われているのかを学んだ後は、暗門川で自然観察します。
川に入って、網で水中の生物をすくったりして捕まえた生物を、顕微鏡で観察したり、
弘前大学白神自然環境研究所の先生方、昆虫の先生、植物の先生、岩石の先生に解説してもらいますよ~!
------------------------------------------------------------
■日時:8月29日(土)集合12:25〜12:40/自然体験13:00~16:00
■集合場所:津軽ダム工事事務所駐車場 ※バスで移動します
■対象・募集人数:青森県内全域の小学校2年生以上の児童・生徒とその保護者(原則親子参加)=50名程度 ※先着順
■申込受付:7月27日(月)~8月17日(月) 
------------------------------------------------------------
ぜひご参加ください!!!!!

詳しくは第4回チラシ・申込書をご覧ください。
チラシ・申込書は下記よりダウンロードできます。
↓ダウンロード↓
第4回チラシ
第4回申込書

【お問合せ】NPO法人ECOリパブリック白神 電話0172-88-8808(平日9:00~18:00)
※お取りできない際は留守電となっていますので、御連絡先とメッセージをお入れ下さい。折り返しご連絡いたします。

※川辺での開催となるため、開催直前の川の様子などを見てプログラム内容を変更する可能性もございます。
自然には危ないこともいっぱいあります。それを学ぶためのプログラムでもありますが、ケガなく楽しく活動するため、
状況を見ながら対応してまいりますので、何卒ご理解、ご協力をいただけますようお願い申し上げます。

-----------
【2013年度(2013年10月~2014年9月)の開催記録はこちら】
第1回:4月26日(土)「植物の芽を探してみよう 残雪があれば雪上ウォーク」レポート
第2回:6月21日(土)「植物の葉を探してみよう」レポート
第3回:7月26日(土)「食べられるものを探してみよう」レポート
第4回:9月6日(土)「林道を歩いてみよう 水辺で遊んでみよう」レポート
第4回に集めた材料で参加者さんが作った作品写真 その1
第4回に集めた材料で参加者さんが作った作品写真 その2


*「Green Giftプロジェクト」とは、東京海上日動火災保険株式会社が、ご契約時にお客様に「ご契約のしおり(約款)」等をホームページで閲覧する方法を選択いただくことにより、削減した紙資源の使用量策減額の一部で環境保護活動をサポートするものです。
2013年より各地域の環境NPOと協力して、主に子どもたちとそのご家族を対象とした環境保護に関する体験活動を行います。
環境保護に関する体験活動を通じて、子どもたちが身近なところから環境について考えるきっかけを持つことによって、持続可能な社会が実現することを目指しています。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://shirakamifund.jp/modules/d3blog/tb.php/126