メインメニュー
がんばろう東北!

節電にご協力ください
東北電力電気使用量

お天気
XML2JSON sample
アクセスカウンタ
今日 : 7676
昨日 : 209209209
今月 : 2770277027702770
総計 : 652099652099652099652099652099652099
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

エコ・グリーン
当HPのメニューカラ―は「エコ・グリーン」です
ECOリパブリック白神とは?
活動
白神山地について
白神山地を歩く
<  2018年07月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
お知らせ/随筆 一覧

お知らせ - 「『Green Gift』プロジェクト 白神山地野遊楽校」第3回(7/26)チラシ完成!

「『Green Gift』プロジェクト 白神山地野遊楽校」第3回(7/26)チラシ完成!

カテゴリ : 
白神山地
執筆 : 
takemori 2015-6-1 22:00
———– 6月22日(月)定員に達しました ———–
おかげ様で定員に達しました。ありがとうございました。
※参考 第3回白神山地野遊楽校(7/26)、定員になりました。
———————————————————————————————


白神山地親子体験プログラム「白神山地野遊楽校(しらかみさんちのあそびがっこう)」第3回目のチラシが完成いたしました!






















第1回目開催のチラシ配布時よりお問合せをいただいておりました、夏休み時期開催の第3回目プログラム……
「特別編」と題しまして、「白神山地野遊楽校」開始以来初の狩り、ならぬ川での「魚とり」、そして「お昼ごはんをみんなで食べる」、日曜日の午前からお昼すぎまでの実施となります。

題して……「かんつか(魚)を竹ヤスでとろう 野外でごはんを食べよう」

ひとは生きていくために、食べ物を、命を自然からいただいて生活しております。
今回は、刃物を使って魚とりの道具=竹ヤスを作り、自分で作った道具で魚をとることにチャレンジします。

------------------------------------------------------------
■日時:7月26日(日)集合9:15~9:30/自然体験10:00~13:00
■集合場所:Beechにしめや駐車場 ※車で西目屋村大秋地区に移動します
■対象・募集人数:青森県内全域の小学校2年生以上の児童・生徒とその保護者(原則親子参加)=50名程度 ※先着順
■申込受付:6月22日(日)~7月13日(月) 
------------------------------------------------------------

詳しくは第3回チラシ・申込書をご覧ください。
チラシ・申込書は下記よりダウンロードできます。

↓ダウンロード↓
第3回チラシ
第3回申込書

【お問合せ】NPO法人ECOリパブリック白神 電話0172-88-8808(平日9:00~18:00)
※お取りできない際は留守電となっていますので、御連絡先とメッセージをお入れ下さい。折り返しご連絡いたします。


さて、ただいま第2回の参加者募集中!ですが、下記リンク先でもお伝えした通り、
土砂崩れによるアクアグリーンビレッジANMONから津軽峠までの道路開通日が未定となり、
実施場所をマザーツリーのいる津軽峠からブナ林散策道に変更して開催することにいたしました。
「第2回(6/20)「白神山地野遊楽校」の実施場所変更について」

第3回も、川辺での開催となるため、開催直前の川の様子などを見てプログラム内容を変更する可能性もございます。
自然には危ないこともいっぱいあります。それを学ぶためのプログラムでもありますが、ケガなく楽しく活動するため、状況を見ながら対応してまいりますので、何卒ご理解、ご協力をいただけますようお願い申し上げます!




※2013年度(2013年10月~2014年9月)の開催記録はこちら☆
第1回:4月26日(土)「植物の芽を探してみよう 残雪があれば雪上ウォーク」レポート
第2回:6月21日(土)「植物の葉を探してみよう」レポート
第3回:7月26日(土)「食べられるものを探してみよう」レポート
第4回:9月6日(土)「林道を歩いてみよう 水辺で遊んでみよう」レポート
第4回に集めた材料で参加者さんが作った作品写真 その1
第4回に集めた材料で参加者さんが作った作品写真 その2


*「Green Giftプロジェクト」とは、東京海上日動火災保険株式会社が、ご契約時にお客様に「ご契約のしおり(約款)」等をホームページで閲覧する方法を選択いただくことにより、削減した紙資源の使用量策減額の一部で環境保護活動をサポートするものです。
2013年より各地域の環境NPOと協力して、主に子どもたちとそのご家族を対象とした環境保護に関する体験活動を行います。
環境保護に関する体験活動を通じて、子どもたちが身近なところから環境について考えるきっかけを持つことによって、持続可能な社会が実現することを目指しています。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://shirakamifund.jp/modules/d3blog/tb.php/123