メインメニュー
がんばろう東北!

節電にご協力ください
東北電力電気使用量

お天気
XML2JSON sample
アクセスカウンタ
今日 : 5353
昨日 : 111111111
今月 : 1917191719171917
総計 : 658680658680658680658680658680658680
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

エコ・グリーン
当HPのメニューカラ―は「エコ・グリーン」です
ECOリパブリック白神とは?
活動
白神山地について
白神山地を歩く
<  2018年10月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
お知らせ/随筆 一覧
  
投稿者 : ecomaster 投稿日時: 2012-06-21 11:25:05 (1762 ヒット)

皆さん こんにちは。
旬の白神山地を歩く、今回はマザーツリーにて撮影しました女性4人組を紹介します。



このメンバーは元気がいっぱいで新緑の白神山地に爽やかな風を運んできたかのようで写真を撮る私も楽しくなりました。もしかしたら彼女たちも白神山地から癒しと元気をもらったのかもしれません。

マザーツリー…このブナの巨木を見て触って何を感じたことでしょう。樹齢400年のパワーをもらったでしょうか。



青池経由で悪路の白神ラインを走破、そして私が薦めた釣瓶落峠までまたもや砂利道を駆けていただきました。



メンバーは皆さん白神山地は初めての東京から来られた学生時代の友人とのことで、こんどはぜひ紅葉の白神山地も訪れていただきたいものです。

白神はまだまだ見どころいっぱいです!


撮影日 H24年6月16日(津軽峠、釣瓶落峠にて)
Photo & Comment by 白神Photoハンター斎藤
Net shop SAITO.All right reserved
http://homepage2.nifty.com/zuppado/


投稿者 : ecomaster 投稿日時: 2011-05-27 17:44:23 (3129 ヒット)

皆さん こんにちは。旬の白神山地を歩く、今回は早朝の津軽峠とマザーツリーを紹介します。
5月25日に白神ラインが全線開通となり、ようやく白神も春本番です。

1 津軽峠より白神連峰


2 股下70あれば大丈夫通れます


5月27日、朝3時頃自宅を出発、一路津軽峠を目指しました。予報では晴れマークでしたがどんよりとした天気で期待したものとは違いましたが、今年最初の津軽峠であり峠での写真と近くにあるマザーツリーへと出かけてみました。

ここは標高が約600メートルあり、あたりにはまだ残雪とフキノトウが咲き、季節が1カ月ほど戻った感じでした。

3 太尾岳展望所


4 ピンクが鮮やかムラサキヤシオ


津軽峠から見る白神の峰々は残雪が多く、今年の冬の厳しさと春先の低温を物語っています。
ここの特徴は何と言っても西に向白神岳をはじめとする白神山地最高峰の峰々が見れて、東に目を向ければ津軽富士と呼ばれる岩木山の雄姿も見れる点です

5 岩木山展望所


6 マザーツリー全景


さらに南へ目を向けると太尾岳や県境の小岳、二ツ森なども遠くに見ることができます。
朝日が昇る岩木山、朝日があたる白神の峰々、そして近くには推定樹齢400年と言われるブナの巨木「マザーツリー」。
まさに白神山地を代表する観光スポットです。

7 マザーツリーの根元


8 緑も真っ盛り


この時期まだ残雪が多くマザーツリーへ行くにも残雪を踏みしめながらのトレッキングとなります。
しかし日の出間もない時間帯は雪も固く、70キロ超級の私でも雪は沈みませんでした。


9 ザ巨木


10 見ごろを迎えたタムシバとムラサキヤシオ


今年は「カモシカ男」なのか暗門の施設を過ぎ、津軽峠へ向かう道路ではまたもカモシカに遭遇、車にビックリしたのか一目散に逃げてしまい、残念ながら写真を撮れませんでした。距離にしてわずか10メートルほどです。
カモシカを見るのは今年冬のトレッキングから5回目です。

マザーツリー付近は倒木も多く、またウッドデッキをまだセットしていなかったので360度マザーツリーをじっくりと撮影できラッキーでした。
勿論マザーツリーの根は踏まないようにしています。

Photo 2011/05/27
Photo & Comment by 白神Photoハンター斎藤
Net shop SAITO 斎藤商店.All right reserved
http://homepage2.nifty.com/zuppado/


投稿者 : ecomaster 投稿日時: 2010-10-10 16:28:43 (2189 ヒット)

霧雨でしたが、津軽峠方面にいけるところまで行ってみました。
ゆっくり走っていい景色だなぁというところで止まっては写真を撮りながらの独りツアーということで、スロー&ストップツアーです。

巨木ふれあいの径の脇道として「ぶなの泉」をめぐる小ルートがあります。そこには大きなブナを切り落とした跡があり、コケやきのこが生え始めています。やがて朽ち果てて、ここにも新しいブナが生えてくるのでしょうか?


散策道には一面落ち葉が敷き詰められています。比較的早めに紅葉(黄葉)するトチノキなどの大きな葉がそれです。


ブナの泉の湧き水です


褐色化したブナの葉が少しありますが、まだ緑色の葉が生い茂っています。ブナの葉の葉脈がくっきり出ていますね。


蔦は比較的早めに紅葉するようです


津軽峠の尾根にあるブナは、若干が紅葉(黄葉)しだしています。
青空が背景だと非常に見栄えするのですが、当日は小雨模様でした。


車を止め止めだったので、通常は20分くらいで着く峠までが90分くらいは掛かったかもしれません?
一人写真ツアーならではでした。独りだと色々と考えながら散策しますので、心の整理にも良いかもしれませんね。

紅葉はまだまだで、蔦類、カエデなどが一部赤くなっているものの、9割がたは緑です。気温が8度を下回ると色づく(というか葉緑素が抜ける)といわれていますが、本日の日中は津軽峠で19度とかなりの高温です。夜温もそれほど下がっていないのでしょう。

それでも落ち葉がハラハラと落ちています。ほう葉、とちのきの葉は大きいのでバラバラと音こそ立てませんが落ちてきます。
葉っぱが落ちるシーンを撮ろうとしましたが、腕が未熟なためとることができませんでした。

暗門ビレッジには県外の車や観光バスがたくさん乗り入れており、暗門の滝を目指す観光客でにぎわっていました。昨日の雨で暗門の滝には散策コースからの迂回路のみOKだということです。
来春には雨でも流されない橋ができるということですので楽しみですね。


投稿者 : ecomaster 投稿日時: 2010-09-13 23:40:07 (2782 ヒット)


エコ・遊代表土岐さん ガイド内容がすばらしかったです。


城之内ミサさん。白神初挑戦です。


佐藤ぶん太。さん 森の中での演奏はとても幻想的です。


一般参加の方が30名、城之内ミサさんの仲間が15名、総勢45名でした。



木々は緑色ですが、もう秋空です。


5-6人にひとりガイドさんがつきます。楽しく詳しく教えてくれます。


栃の実。栃の木は葉が5枚、ほうの木は葉が8枚です。



マザーツリー





土岐さんのハーモニカを伴奏に、「ふるさと」を合唱



木漏れ日が美しい


巨木ふれいあの径にはマザーツリー級の巨木がたくさんあります。



巨木も風雪で枝が折れたり、幹が倒れたりします。しかし、そこにまた新しいブナの木が生えて成長していきます。
自然は諸行無常であり、雄大であります。

Photo By 白神Photoハンター斎藤
2010/09/12


投稿者 : ecomaster 投稿日時: 2010-03-23 12:40:07 (1888 ヒット)

皆さん こんにちは 今週は「名もなき景勝地・紅葉編」を紹介します。
ここに限らず白神の秋はあっという間に過ぎ去ってしまいます。
高いところから低いところへ、寒いところから暖かいところへ・・・。
ですから撮影日は紅葉の一致した場所を決めていくか、あるいは多少黄葉のスピードは無視してでも自分の撮りたい場所へいくか、これは撮影できる日にちと天候にもかなり左右されますので、1年だけでの撮影で全ての地域を網羅するのは、我々アマチュアカメラマンには至難の業です。
1-秋の日差しを浴びるブナの林 2008/10/25


2-黄金色のブナの葉 2007/10/27


3-ブナの枝が黒づんでいる方向は北を指すとか 2007/10/27


4-程よい間隔のブナの林 2007/10/27


5-枝の先に広がる黄金色の葉 2007/10/27


「ここ」はいつも津軽峠やブナ巨木の森、あるいはその先の赤石、追良瀬方面へ行く途中のちょい撮り的な色合いが強く、ゆっくりと時間をかけた撮影はあまりしていません。
それでもやはり撮り始めて気に入ったアングルなどが見つかるとつい長居をしてしまいます。

6-同じ場所でも色に違いが見られる 2007/10/27


7-ブナの巨木は根本も賑やか 2007/10/27



先週も紹介した「トチの老木」などは、なんとも気をそそられる存在でいつ根元から倒れてしまうかも知れないと思うと、しっかりとカメラに収めたいという欲望に駆られてしまいます。

「ここ」に限らず白神エリアのあちこちで見かける老木には何ともいえない哀愁を感じています。
やがては朽ちて土となり、新たな生命の肥やしとなることでしょう。
ちょっとセンチメンタルな白神写真ハンターでした。
8-象徴的存在感のトチの老木2007/10/27


9-微妙なバランスのトチの老木 2008/10/25


10-ナラの老木もひっそりとたたずむ 2008/10/25


次週は鯵ヶ沢町にある「ミニ白神」を紹介します。


Photo & Comment By 斎藤悟 
Net shop SAITO 斎藤商店.All right reserved
http://homepage2.nifty.com/zuppado/


(1) 2 3 »