メインメニュー
がんばろう東北!

節電にご協力ください
東北電力電気使用量

お天気
XML2JSON sample
アクセスカウンタ
今日 : 3030
昨日 : 2121
今月 : 847847847
総計 : 663113663113663113663113663113663113
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

エコ・グリーン
当HPのメニューカラ―は「エコ・グリーン」です
ECOリパブリック白神とは?
活動
白神山地について
白神山地を歩く
<  2018年12月  
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
お知らせ/随筆 一覧
  
投稿者 : ecomaster 投稿日時: 2009-08-18 16:12:22 (1750 ヒット)

皆さん こんにちは 今週は第20週目として「駒ケ岳」を紹介します。

まず最新情報としまして現在通行不能となっています暗門第1の滝ですが
アクアグリーンビレッジANMONからの情報によりますと今月20日ころ散策可能とのことです。大変ご不便をおかけしていますが今しばらくお待ち下さい。

それでは本題に入ります。
秋田県には駒ケ岳が二つあり、藤里町の駒ケ岳を藤駒岳あるいは藤里駒ケ岳と呼んでいます。

ちなみに乳頭温泉地域にある方は秋田駒ケ岳とも呼ばれています。駒ケ岳は標高が1,158mあるので白神岳など白神山地の遺産地域はほぼ見渡せますが、小岳や二ツ森などに比べると距離的には遠いので写真的には白神岳までの撮影は天候にかなり左右されます。

登山道は前回にも紹介しましたが岳岱ブナ林から田苗代湿原と同じ道を経由して来ますがUPした写真にもあるとおり、登山道はふた手に分かれ、左が尾根に沿って歩く新登山道で右は田苗代湿原を通り抜けていく旧登山道となりますが、私の経験からいいますと登りは新登山道が比較的楽なのでこちらをお勧めします。駐車場から約1時間30分ほどで頂上へ到着します。

なお、頂上は尾根になっており尾根の反対側へも登山道があり樺岱登山道へと続き、ダム湖である素波里湖から小岳へ通じる林道へ接続されていますが私はまだこの樺岱登山道は利用したことがありません。
頂上には標識のほか方位石があり岩木山はほぼ真北になります。

尚この駒ケ岳は残雪のある春には弘前から西目屋村へ向かう途中の旧相馬村にある里見橋からよく見えます。


※最後の写真は先週紹介しました西目屋村特産の「そば焼酎暗門」です。

撮影日 

1-左は新登山道、右は田苗代湿原経由の旧登山道 2008/7/2

2ー残雪が多く登山道が一部雪に覆われている 2008/5/17

3-尾根の登山道に出没するニホンザル -2008/5/17

4-開花間もないタムシバ 2008/5/17

5-登山道より頂上付近の眺め(眼下に駒の残雪ができる)2008/5/17

6-頂上からの遠望(左に残雪の小岳、白神岳他、右に岩木山と尾太岳)2008/5/17

7-左より二ツ森・小岳・白神連峰・真瀬岳・青鹿岳 2008/5/17
二ツ森 標高1086m、小岳 標高1042m、真瀬岳 標高988m、青鹿岳 標高1000m

8-尾根の登山道、樺岱登山道へと下る 2005/7/3

9-登山道に広がるブナ林 2008/5/17

10-素波里湖からの駒ケ岳 2009/6/20


次回は「釣瓶落峠」を紹介します。

Photo & Comment By 斎藤悟 
Net shop SAITO 斎藤商店.All right reserved
http://homepage2.nifty.com/zuppado/