メインメニュー
がんばろう東北!

節電にご協力ください
東北電力電気使用量

お天気
XML2JSON sample
アクセスカウンタ
今日 : 1111
昨日 : 7070
今月 : 1417141714171417
総計 : 654607654607654607654607654607654607
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

エコ・グリーン
当HPのメニューカラ―は「エコ・グリーン」です
ECOリパブリック白神とは?
活動
白神山地について
白神山地を歩く
<  2018年08月  
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
お知らせ/随筆 一覧
  
投稿者 : ecomaster 投稿日時: 2011-10-27 08:42:54 (1351 ヒット)

皆さん こんにちは。旬の白神山地を歩く、今回は二ツ森を紹介します。


撮影日2011年10月22日
ここ二ツ森は青秋林道秋田側のコースで国道101号線から約45分で駐車場終点へと続きます。


ほぼ海岸線の標高数十mから900mまで一気に登って行きますので、大変雄大なそして変化に富んだ景色を見ることができます。
今回は私も所属しますharappaシーソーのメンバー3名と渓流トレッキングでご一緒だったMさんの4名でのトレッキングとなりました。



午前5時頃弘前を出発し、7号線から秋田道の高速を経由し広域農道経由で101号線に出て、9時頃二ツ森終点の駐車場に到着し早速トレッキング開始となりました。



このトレッキングコースは所要時間が片道1時間弱と短く、白神の入門コースとしては最適かと思われます。


また終点までは悪いながらも道路は舗装されていて、かつて青秋林道として計画されその後凍結、現在では白神山地への秋田側の代表的ルートとなっています。


9時32分、出発時小雨模様でしたが山頂へ着くころには雨も止んでいました。


標高1086mからの眺めは白神岳や岩木山、男鹿半島に鳥海山と大変見晴らしが良く、白神山地を存分に味わえるルートとなっています。

尚、帰路は101号線を北上し青森側へ入り、トレッキングの後には欠かせない深浦町にあるみちのく温泉で汗を流し一路弘前へと帰りました。
天気が良ければ日本海の沈む夕日も楽しめます。


Photo & Comment by 白神Photoハンター斎藤
Net shop SAITO.All right reserved
http://homepage2.nifty.com/zuppado/


投稿者 : ecomaster 投稿日時: 2011-09-30 10:49:10 (2393 ヒット)

皆さん こんにちは。旬の白神山地を歩く、今回は9月24日にトレッキングしました真瀬岳を紹介します。




この真瀬岳については過去に2度山頂を目指したことがありましたが、雨や時間の関係でリタイアしており今回が文字通り3度目の正直となりました。





真瀬岳登山道は青秋林道秋田側の二ツ森へ行く道を白神大橋を過ぎてすぐ左へ入って行きます。距離にして約5キロほどですが、かなりの砂利道で走行には注意を要する道です。




当日は朝まで雨が降った影響もあり、駐車場からすぐにある川も水量があり、長靴でのトレッキングとなりました。

午前8時30分頃出発し、秋田杉の植林地をジグザグに登って行きます。大変傾斜がきつく、久しぶりの山登りには不安を覚えるトレッキングとなりました。




杉の林を抜けると今度は広葉樹や竹藪が続きます。
写真にもありますが、登山道は途中まではきれいに竹藪の下刈りがされていましたが、途中から中断されており、道が見えないほどの笹藪が続きます。

ブナ林が続く尾根からは白神岳や向白神岳がブナ越しに見ることができます。




そして登ること3時間半やっと山頂へ到着です。
山頂は「標高988m」の標識があり標識の脇にはナナカマドが赤い実をつけていました。そして山頂からの景色はというと八峰町の漁港や能代市街地、火力発電所、更には男鹿半島が一望できますが、白神岳や向白神岳方面は竹藪に遮られほんの一部しか見えません。




この真瀬岳は白神山地に設置されている入山者測定機器があるポイントの中では最も入山者が少なく、平成22年度の実績ではわずか28名となっています。それだけに山頂へのトレッキングは貴重かもしれません。




なお9月24日のトレッキング時には登山道をかなりの倒木が遮っていましたので、山頂を目指す方は竹藪と倒木に気をつけて登って下さい。
また駐車場付近にはおいしい水が脇出ていますので、水の心配は御無用です。

撮影日 2011/09/24
Photo & Comment by 白神Photoハンター斎藤
Net shop SAITO.All right reserved
http://homepage2.nifty.com/zuppado/


投稿者 : ecomaster 投稿日時: 2010-05-28 11:17:26 (1851 ヒット)

皆さん こんにちは 旬の白神山地を歩く。今回は2010年5月23日に撮影しました「二ツ森」を紹介します。





この日は多忙な1日でした。10時から「エコリパブリック白神」主催の白神トレッキング参加のため十二湖へ行く予定もありましたので、ここ二森へは弘前を午前1時過ぎに出発、現地駐車場へ5時前に到着、その後あわただしく登山を実施しました。




この日は深夜でも気温が13~14度もあったため白神連峰の眺めは早朝にもかかわらずややスッキリした感じはありませんでしたが、小岳や駒ケ岳よりも近いだけにズーム時には白神岳の避難小屋なども確認できます。





ここは頂上よりも少し手前からの眺めがすばらしく残雪に注意しながら撮影していました。
下山時にはちょうど満開を迎えたミネザクラや林道沿いのシラネアオイなども撮影でき、「早起きは三文の徳」を実感できました。





Photo & Comment By 斎藤悟 
Net shop SAITO 斎藤商店.All right reserved
http://homepage2.nifty.com/zuppado/


投稿者 : ecomaster 投稿日時: 2009-11-29 19:01:10 (2134 ヒット)

皆さん こんにちは
第35回目となりましたが今週は「秋の真瀬岳」を紹介します。

まず真瀬岳紹介の前に平成22年新春に開催されるセミナーを紹介します。
主人公は「斎藤 主(つかさ)」。明治に活躍した弘前生まれの実業家で
各種土木工事や農地の開墾、観光事業への進出、最後は自ら寺の住職となりその波乱万丈の人生を全うした特筆すべき人物です。
西目屋村の目屋ダムを過ぎると小高い場所に不識塔があり(現在は建物保全のため塔全体は資材で覆われている)、その麓には広泰寺という外壁が総レンガ造りの日本でも珍しい寺があり、斎藤主が関係した建物です。
ホームページでも検索できます。
興味のある方はぜひご聴講下さい。

【日時】平成22年1月11日(月※成人の日)午後2時~3時
【会場】西目屋村中央公民館「児童ふれあい広場」
【講師】西目屋村教育委員長 笹谷 柾四郎 氏
主 催:西目屋村商工会

さて本題に入ります。
白神山地は大変広大な地域ですので始めてこの名前を聞く方も多いかと思います。場所は国道101号線から二ツ森に向かって青秋林道を進むと白神大橋を通ります。この橋を過ぎすぐに中ノ又沢という林道を進むと真瀬岳(1,000m)登山道への駐車場に到着します。

青秋林道と違い全て砂利道で狭くかなりの悪路です。資料を見ますと駐車場から山頂まで約2時間30分となっていますが、私にはとてもその時間では到着しませんでした。
初めてのコースでしかも秋の季節だったので帰路の時間も考えて残念ながら頂上を見ることなく下山しました。

登山道の入口もいきなり川越の道路になっていて、なんとも未知の地域へ入る不安と期待を持たせるコースです。コースの始めは杉林が続き、中腹を過ぎると段々と登山道も険しくなりブナに沿って登山道を進みます。
頂上まではたどり着けませんでしたが、写真のように登山道の峰から望める白神岳は一見の価値があります。
このコースはセンサーでの入山者数を見ますと2007年に122人、08年88人と大変少ないので、頂上からの眺めは分かりません。
入山者が少ないだけに白神マニアとしてはその眺望が気になるところです。


次回は「秋の小岳」を紹介します。

2-真瀬川の黄葉 08/11/01


3-青秋林道から見た真瀬岳(1,000m) 08/11/01


4-中ノ又沢林道傍の黒滝 09/10/24


5-秋の日に輝くカエデ 09/10/24


6-登山道から二ツ森方面の眺め 09/10/24


7-右後方に見える天狗岳 09/10/24


8-登山道から白神岳の眺め 09/10/24


9-登山道から真瀬岳頂上 09/10/24



Photo & Comment By 斎藤悟 
Net shop SAITO 斎藤商店.All right reserved
http://homepage2.nifty.com/zuppado/


投稿者 : ecomaster 投稿日時: 2009-11-25 06:23:58 (2048 ヒット)

皆さん こんにちは 
今週は「秋の二ツ森」を紹介します。
皆さんも紅葉の写真につきましてはいささか見飽きてきたことと思いますので、今回は紅葉のピークを過ぎた晩秋の写真がメインとなっています。
私的には落葉した後の裸になったブナの木々もすっきりして気に入っていますが皆さんはどうでしょうか。

また青秋林道から二ツ森終点の駐車場までは一気に上りますので、眼下には秋の日本海の景色もお楽しみいただけます。
また写真7には主な白神の山の名前を入れましたので、これから登られる方は
参考にしてください。
ここは終点の駐車場より頂上まで約1時間ほどで到着です。
頂上からの展望はパノラマとはいきませんが頂上すぐ手前の登山道からは白神岳方面の峰々を一望できます。

次回は「秋の真瀬岳」を紹介します。


撮影日 
1-青秋林道より男鹿半島 09/10/12  


2-針葉樹と広葉樹 08/11/01  


3-登山道のブナ林 09/10/12  


4-落葉後のブナ林 08/11/01  


5-ナナカマド後方の山は真瀬岳 08/11/01


6-登山道から白神連峰の眺め 08/11/01  


7-登山道からの眺め 09/10/12


8-頂上より東側の稜線 08/11/01


9-頂上付近より白神の峰々 08/11/01


10-青秋林道より夕方の海面 07/10/03


Photo & Comment By 斎藤悟 
Net shop SAITO 斎藤商店.All right reserved
http://homepage2.nifty.com/zuppado/


(1) 2 »