メインメニュー
がんばろう東北!

節電にご協力ください
東北電力電気使用量

お天気
XML2JSON sample
アクセスカウンタ
今日 : 1717
昨日 : 5656
今月 : 1125112511251125
総計 : 657888657888657888657888657888657888
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

エコ・グリーン
当HPのメニューカラ―は「エコ・グリーン」です
ECOリパブリック白神とは?
活動
白神山地について
白神山地を歩く
<  2018年10月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
お知らせ/随筆 一覧
  
投稿者 : ecomaster 投稿日時: 2012-04-23 07:44:23 (2162 ヒット)

皆さんこんにちは。旬の白神山地を歩く、今回は4月21日に実施しました「早春の白神ライン」を紹介します。



白神ラインといってもまだ雪が多く車は通行できませんので今回は大川大橋から片道1時間ほどのトレッキングです。




写真のとおり天気が良く歩いていても少し汗ばむほどで、道路はすでに除雪作業も終わっていますが、周りを見渡すとまだまだ雪の多い山並みが続いています。
遠くには津軽峠と暗門施設までトレッキングが楽しめる高倉森の峰がきれいに見えていました。



橋の付近ではカケスもいて斜面でえさを探していました。またマンサクも咲き始めています。
しかし、暗門施設まで約1.5キロ付近ではご覧のとおり雪崩が発生していて油断できません。



今回はここでUターンしましたが、これから先にもきっと雪崩で道路を塞いでいる場所が何箇所かあるようです。
新聞によりますと今年のアクアグリーンビレッジANMONまでの開通は例年より遅く、5月10日とのことです。




西目屋村から深浦町まで1日も早く白神ラインが全線開通することを祈るばかりです。




撮影日 H24年4月21日
Photo & Comment by 白神Photoハンター斎藤
Net shop SAITO.All right reserved
http://homepage2.nifty.com/zuppado/


投稿者 : ecomaster 投稿日時: 2012-04-17 07:25:30 (1212 ヒット)

西目屋村平沢地区に、福寿草が群生する箇所があります。
昨年は4月12日には一斉に咲いていたのですが、今年はまだ雪が積もっており、樹の根元で雪が解けた箇所からのみ福寿草がようやく顔を出していました。


朝日さす 老師が家や 福寿草  与謝蕪村

今年は遅い春となりそうですね。







津軽ダムの橋げた作業も進んでいるようです。


投稿者 : ecomaster 投稿日時: 2012-02-28 17:14:04 (1759 ヒット)

皆さん こんにちは 旬の白神山地を歩く、今回は2月25日に実施しました旧青秋林道のスノートレッキングを紹介します。





この日は時折小雪が降るものの風もなく穏やかな天気でしたが、雪質はけっこう重く脚に負担がかかるトレッキングとなりました。







この林道は岩木川の源流となる大川に沿った道でいつもの暗門方面とは違うコースで私もスノートレッキングは初めてとなりました。






比較的アップダウンも少なく雪質さえ良ければ雪崩の心配も少なく、初心者向きのコースといえそうです。





今回はカモシカには会えませんでしたがテンには会えました。
ただし、動きが早く写真チャンスは逃してしまいました。

撮影日 H24年2月25日
Photo & Comment by 白神Photoハンター斎藤
Net shop SAITO.All right reserved
http://homepage2.nifty.com/zuppado/


投稿者 : ecomaster 投稿日時: 2012-02-21 14:40:49 (1361 ヒット)

H24.2.19に第18回乳穂ケ滝氷祭が行われました。












Photo by 白神写真ハンター斎藤悟氏

4年ぶりに氷柱がつらなり、500名の観客の中、神事が執り行われました。炎の付き具合による豊凶占いでは、水稲はあまり芳しくなく、りんご生産は豊作なるも風に注意と出ました。

今日は見に来ている人が500人はいましたね。やっぱり氷柱がつながっていると違いますね。氷柱の太さは直径3mくらいにまで成長していました。

氷柱の奥の祠には不動尊が祀られています。神事は山伏によって執り行われます。

藩政時代には、津軽藩主がその氷塊を正月の厳冬期に検見させ、豊凶のてがかりとしていたそうです。1806年津軽寧親が参拝したという記録も残っているそうです。

山伏が剣で厄払いをしているところです。

護摩焚き。煙は天に一直線に昇りつめ、やがて炎となって燃え盛ります。

豊年の 徴も水もふる雪も 千束に氷れ 新穂のたきなみ
とよとしの しるしもみずもふるゆきも ちづかにこおれ におのたきなみ
菅江真済 寛政8年(1795年)11月4日 暗門探勝の帰り道にここを詣でる。

山伏が護摩の火をもらい、豊凶占いのために3束の稲わらに火を移すところです。

豊凶占いのために火を移しています。

平成24年は稲作はまずまず、りんご生産は豊作なるも風に注意とでたようです。

修験者は裸足で火渡りをします!
私は長靴で火渡りしました(汗)

参拝していた一般の方も火渡りすることが出来ます。

民間では、旧暦の1月17日に、その氷を参拝後もちかえり病人に与えると、不思議にも快癒するという言い伝えがあり、いまでも続いているそうです。

岩木山も望めます。ちょっと雲が掛かっていました。


投稿者 : ecomaster 投稿日時: 2012-02-07 12:44:55 (1457 ヒット)

昨夜は満月だったので大分遅くまでねばりましたが、結局クリアな月は撮れませんでした。残念!
やはり暖気のせいで氷の周りはかなり水が滴り落ちていました。
今夜からまた寒くなるそうなのでなんとか今日一日はもってほしいですね。








撮影日 H24年2月6日
Photo & Comment by 白神Photoハンター斎藤
Net shop SAITO.All right reserved
http://homepage2.nifty.com/zuppado/


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 32 »