MENU

【家庭用脱毛器の使い方】効果的な使い方やコツは?

家庭用脱毛器の使い方
目次

家庭用脱毛器の使い方を間違うとどんなリスクがある?

家庭用脱毛器の仕組みは?

家庭用脱毛器には、レーザー脱毛器、光脱毛器、IPL脱毛器などの種類があり、何段階かに出力を調整することが出来ます。

皮膚が薄くてデリケートな部位、毛が多くて密集している部位など、使い分けることでより効果的です。

エステサロンや医療機関に通院をする時間が取れない場合は、家庭用脱毛器を購入しておくと便利ですよ。

口コミでも人気の高い商品は、10段階に出力が調整出来るので、皮膚への刺激を抑えて効果的な脱毛が可能です。

痛みに敏感な場合は、光やIPLを毛の黒い部分に照射をすることで、毛根からきれいに処理することが出来ます。

光を照射すると数日後に、むだ毛が抜け落ちるので抑毛、減毛効果が高いのが魅力です。

信頼できる会社の商品を選んでおくと、日本人の肌質、毛質、毛量に応じた商品を販売しているので、じっくりと比較してから購入すると良いでしょう。

家庭用脱毛器のリスク・火傷

家庭用脱毛器は正しく使用すると火傷などの心配はありません。

日焼けをしている場合は、家庭用脱毛器を使用すると火傷をする可能性があります。

日焼けをしていない状態で、脱毛をすることが大事です。

家庭用脱毛器はデリケートゾーンの処理が出来ますが、IラインやOラインなどは、粘膜の部分があり、皮膚が薄くて弱い部位です。

光の出力を上げてしまうと、火傷のリスクがあるので、なるべく低出力から始めると失敗が少なくなります。

デリケートゾーンの粘膜部分には、照射をしないように注意をしなければなりません。

最初から強い出力にしてしまうと、肌荒れや火傷などのリスクがあるので、注意をして下さい。

取り扱い説明書にきちんと目を通してから、使用することが大事です。

機種によっても多少の違いがあるので、よく読んでおく必要があります。

家庭用脱毛器のリスク・痛み

家庭用脱毛器は開発に時間を掛けているので、安全性に優れており、脱毛効果が高い商品が増えています。

痛みに敏感な人は、購入するのを迷っている人もあります。

生理中や妊娠中は、普段よりも体がデリケートになっており、痛みを感じやすい傾向があります。

生理中や妊娠中の女性は、家庭用脱毛器は使用しないほうが良いでしょう。

レーザー脱毛器に比べると、光脱毛器のほうが痛みが少ない傾向があります。

痛みに弱い人は、光脱毛器を選んでおくと、痛みを最小限に抑えることが出来ます。

痛みに弱い人は、事前に保冷剤などで皮膚を冷やしておくと、痛みを軽減することが出来ます。

数多くの商品が販売されているので、自分の毛質や毛量、肌質に合った商品を選ぶことが大事です。

友人や知人のアドバイスを受けたり、口コミ情報などを収集しておくと良いでしょう。

家庭用脱毛器のリスク・肌トラブル(赤み・痒みなど)

家庭用脱毛器は安全性に優れているので、正しく使用することで肌トラブルを未然に防ぐことが出来ます。

生理中や授乳中、妊娠中の人は、普段よりも皮膚が敏感になっているため、皮膚の痒みや赤み、肌荒れなどが発生することがあります。

生理中や授乳中、妊娠中の人は、なるべく使用を控えたほうが良いでしょう。

皮膚に湿疹などの異常が見られる場合は、皮膚の痒み、赤み、肌荒れなどの原因になるため、皮膚科医に相談することが大事です。

健康な皮膚の場合は、問題なく使用することが出来ます。

脱毛後は、普段よりも皮膚が敏感になっているため、冷却などのクールダウンをしたり、保湿効果の高い基礎化粧品を使って、お肌を守ることが大事です。

入浴や運動などの血流が良くなることをすると、皮膚が痒くなったり、赤くなる原因になるので避けたほうが良いでしょう。

家庭用脱毛器を使う前は自己処理をしましょう

事前の自己処理が必要な理由について

家庭用脱毛器は、むだ毛が残っている状態では、きれいに処理をすることは出来ません。

前日までに、電気シェーバーを使って、自己処理をしておく必要があります。

長い毛は処理をしておくことで、脱毛効果を高めることが出来ます。

毛抜きで抜いてしまうと、肌荒れなどの原因になるため、電気シェーバーを使用することが大事です。

そり残しがないか、確認をしておく必要があります。

エステサロンや美容皮膚科などでも、事前に自己処理をしておくことが大事です。

家庭用脱毛器は、脱毛したい部位に合わせて出力を調整することで、優れた脱毛効果を発揮します。

前日に自己処理をしておくことで、スムーズに脱毛をすることが出来ます。

剛毛で悩んでいる人、男性などはきちんと自己処理をしておくことで、スピーディーに効果的に脱毛をすることが出来ます。

自己処理をした後は、基礎化粧品で保湿をしておきましょう。

電気シェーバーでの自己処理がおすすめな理由について

家庭用脱毛器を使用する前は、前日までに自己処理をしておく必要があります。

剃刀は皮膚を傷つけたり、剃刀まけの原因になるので使用しないほうが良いでしょう。

自己処理をする時は、電気シェーバーを使用するのがお勧めです。

電気シェーバーは、剃刀に比べると安全性に優れており、皮膚への刺激、負担などが少ないので自己処理をするのに適しています。

インターネット通販の専門店、デパートや百貨店などでも販売しているので、信頼できる会社の商品を購入しておくと便利です。

自己処理をした後は、肌トラブルを避けるために、基礎化粧品を使ってしっかりと保湿をしておきましょう。

皮膚が乾燥していたり、敏感になっている時は家庭用脱毛器は使用しないほうが良いでしょう。

生理中や授乳中は、普段よりも皮膚が敏感になっているため、家庭用脱毛器の使用は控えることが大事です。

毛抜きでの自己処理がNGな理由について

家庭用脱毛器を使用する時は、前日までに自己処理をしておく必要があります。

毛抜きは毛根から、処理をすることが出来ますが、雑菌が入ってしまうことがあります。

毛抜きで皮膚をひっぱると、肌に負担が掛かってしまったり、埋没毛などの原因になることが多いです。

自己処理をする時は、毛抜きはなるべく使用せず、電気シェーバーを使って行うことが大事です。

電気シェーバーは、剃刀や毛抜きなどに比べると、皮膚への刺激が少なく、肌荒れや剃刀まけを防ぐことが出来ます。

前日に、電気シェーバーを使って、むだ毛を短くしておくことで、家庭用脱毛器の脱毛効果を高めることが出来ます。

毛抜きは、肌荒れなどのトラブルの原因になるので、絶対に使わないようにして下さい。

病中病後で体調が良くない時、生理中、皮膚に疾患がある時などは使用しないことが大事です。

脇やVIOは使用直前の処理がおすすめ

脚や腕などの目立つ部分は、前日までに自己処理をしたほうが良いです。

脇やデリケートゾーンなどの、毛が密集している部位は、家庭用脱毛器を使用する直前に、自己処理をしたほうが良いでしょう。

脇やデリケートゾーンは、毛が太くて密集している部位なので、脱毛をするのに時間が掛かってしまいます。

家庭用脱毛器は出力を調整出来るので、脇やIライン、Oラインなどの脱毛をする時は、最初は出力を弱めておくと良いでしょう。

脱毛効果が実感出来ない場合は、少しずつ出力を上げておくことで、効果的に脱毛をすることが出来ます。

デリケートゾーンのむだ毛は、固くて太い傾向があるので、なるべく直前に自己処理をするのがポイントです。

光を照射した後は、皮膚がとても敏感になっているので、冷却などのクールダウンをしておくと良いでしょう。

粘膜の部分は照射しないことが大事です。

腕や脚は使用の2~3日前の処理がおすすめ

腕や脚などは、ミニスカートやショートパンツ、ノースリーブのお洒落を楽しむために、定期的に脱毛をする必要があります。

家庭用脱毛器は永久的な効果はありませんが、定期的に使用することで、減毛、抑毛効果があるため、少しずつむだ毛を減らすことが出来ます。

家庭用脱毛器を使用する前に、脚や腕などは2、3日ぐらい前に自己処理をしておくと良いでしょう。

自己処理をした後は、皮膚が大変デリケートになっているので、冷却をしたり、保湿効果の高い基礎化粧品でお手入れをすると良いでしょう。

腕や脚などはむだ毛が多い部位なので、そり残しがないように、電気シェーバーを使って丁寧に処理をしておきましょう。

家庭用脱毛器は、事前にむだ毛を短くしておくことで、脱毛効果を高めることが出来ます。

短時間でスピーディーにむだ毛の処理が出来るので便利です。

家庭用脱毛器の正しい使い方・使用頻度は?

1~2週間に1回の使用を推奨するメーカーが多い

家庭用脱毛器は、数多くのメーカーや機種が販売されています。

購入した機種によっても、多少の違いがありますが、1週間から2週間に1回ぐらいの使用頻度を勧めている所が多いです。

家庭用脱毛器は、毛周期のサイクルに合わせて使用する必要があります。

家庭用脱毛器は、表面に出ている成長期の毛しか処理出来ないので、数週間を経過するとまだむだ毛が生えてきます。

頻繁に使用すると、肌荒れの原因になるため、1週間から2週間に1回ぐらい使用するのが適しています。

頻繁に使用しても、十分な効果は発揮できないですし、皮膚に負担が掛かってしまいます。

剛毛で悩んでいる人、成長期の思春期の年代の場合は、毛が生えてくるスピードが速いので悩んでいる人が多いです。

最短で1週間に1回使用することが出来るので、優れた抑毛、減毛効果が期待出来ます。

毎日の使用は肌負担が大きいためNG

家庭用脱毛器を安全に使用するためには、使用頻度がどれぐらい間隔を空けるのか、知っておく必要があります。

人気の機種やメーカーの商品は、1週間から2週間に1回程度使用するのが適しています。

毎日使用すると、皮膚に負担が掛かってしまい、肌荒れや皮膚の赤み、痒みなどの原因になってしまいます。

家庭用脱毛器のレーザーや光を照射すると、皮膚に熱を持った状態になるので、普段よりも敏感になってしまいます。

むだ毛には毛周期のサイクルがあるので、頻繁に使用しても、十分な効果は発揮出来ません。

家庭用脱毛器は、表面に出ている成長期の毛しか、光やレーザーは効果が得ることは出来ません。

医療機関やエステサロンと同様に、脱毛の間隔を空ける必要があります。

毛周期のサイクルに合わせて使用することで、効果的に脱毛が出来ます。取り扱い説明書に目を通しておきましょう。

毛周期に合わせて使用すると効果的

むだ毛には成長期、休止期、退行期などの毛周期があるので、成長期になると毛の成長が活発化して、太くて固い毛が生えてきます。

皮膚の表面に出ている毛は、成長期のむだ毛です。

休止期の場合は、まだ皮膚の表面に出ていない状態ですが、数週間を経過するとまた生えてきます。

家庭用脱毛器を使用する時は、毛周期のサイクルに合わせて使用することで、脱毛効果を高めることが出来ます。

家庭用脱毛器を選ぶ時は、自分の毛質や毛量、肌質に合った商品を選ぶ必要があります。

あまりむだ毛が濃くなかったり、痛みに敏感な場合は、光脱毛器のほうが適しています。

成長期の黒い毛に、光を照射することで、脱毛効果を高めることが出来ます。

数日を経過するとむだ毛が抜け落ちてきます。

家庭用脱毛器は、一度に広範囲に照射をすることが出来るので、幅広い年代にお勧めです。

毛周期・成長期とは?

毛周期には成長期、退行期、休止期がありますが、成長期はむだ毛の成長が活発になっている時期です。

皮膚の表面に太くて黒い毛が出てくるので、気になってくることが多いです。

家庭用脱毛器は、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛とは違い、永久的な効果は期待出来ません。

家庭用脱毛器は、成長期の表面に出ている毛に反応して、毛根からきれいに処理することが出来ます。

成長期の毛は長いので、事前に電気シェーバーを使って、自己処理をしておく必要があります。

電気シェーバーを使用すると、成長期の毛を短くすることが出来るので、短時間でむだ毛の処理が出来ます。

脚や腕などのむだ毛を処理する時は、2、3日前に自己処理をしておくことで、効果的に脱毛が出来るので安心です。

成長期は毛の勢いが活発になるので、1週間に1回ぐらい脱毛をする必要があります。

毛周期・退行期とは?

むだ毛には毛周期のサイクルがありますが、退行期は毛の成長の勢いが落ちており、毛が細く短くなっている状態です。

成長期の毛とは違って、家庭用脱毛器を使用するとすぐに毛が抜け落ちてくることがあります。

対退行期は毛の成長が遅れている時期ですが、しばらくすると毛が生えてくるので、定期的にむだ毛を処理する必要があります。

家庭用脱毛器は、毛周期のサイクルに合わせて使用することで、優れた抑毛、減毛効果が期待出来ます。

退行期のむだ毛は、簡単に抜け落ちてしまうことが多いですが、3か月から半年ぐらいは継続して使用する必要があります。

むだ毛には毛周期のサイクルがあるので、定期的に使用することで、むだ毛を少しずつ減らすことが出来ます。

永久的な効果は期待出来ませんが、根気よく使用することで、男性の髭、デリケートゾーンなどのむだ毛が減ってきます。

毛周期・休止期とは?

むだ毛には毛周期のサイクルがあるので、家庭用脱毛器は正しく使用することで、優れた脱毛効果を発揮します。

休止期はむだ毛の成長が遅れている時期なので、皮膚の表面にまだ出ていない状態です。家庭用脱毛器は、成長期の表面に出ているむだ毛にしか、反応しないので注意が必要です。

休止期のむだ毛は、数週間が経過すると表面に出てくるので、継続して使用する必要があります。

むだ毛の毛周期は、人によっても多少の個人差があり、思春期の世代のほうが活発な傾向があります。

20歳以上の大人の場合は、毛周期のサイクルが安定してくるので、脱毛効果が上がりやすくなります。

休止期はむだ毛がまだ、表面に出ていない状態ですが、2週間に1回程度は使用すると良いでしょう。

家庭用脱毛器を選ぶ時は、自分の毛質や毛量、毛周期に合った商品を選ぶと失敗が少ないです。

継続使用をしましょう!2~3カ月の使用で脱毛効果を実感する人が多い

家庭用脱毛器は、むだ毛の原因になっている毛母細胞を破壊することが出来ません。

医療機関のレーザー脱毛機器、ニードル脱毛などは、毛母細胞を直接破壊することが出来るので、永久的な効果が期待出来ます。

家庭用脱毛器は、むだ毛を減らすことが出来るので、継続して使用するのがお勧めです。

使い始めは十分な効果が発揮出来なくても、3か月以上を経過するとむだ毛が減ってきたと実感出来ます。

1週間から、2週間に1回ぐらい使用することで、少しずつむだ毛を減らすことが出来ます。

3か月から、半年ぐらい継続することで、むだ毛が減ってきて、毛穴が目立たなくなってきます。

ノースリーブやミニスカート、ショートパンツ、水着など露出の高いお洒落を楽しめるようになります。

家庭用脱毛器は、継続して使用することで十分な効果が期待出来ます。

剛毛で悩んでいる男性にも向いています。

痛くない家庭用脱毛器の使い方

事前の自己処理は必ず行いましょう

家庭用脱毛器の効果を高めるためには、事前に自己処理をしておく必要があります。

脇やデリケートゾーンなどの、毛が密集している部位では、脱毛をする直前に自己処理をするのがお勧めです。

脇やデリケートゾーンのむだ毛は、太くて固い傾向があるので、むだ毛の処理に時間が掛かってしまいます。

使用する直前に自己処理をして、むだ毛を短くしておくことで脱毛効果を高めることが出来ます。

腕や脚などの目立つ部位は、2、3日前ぐらいに自己処理を済ませておくのがお勧めです。

家庭用脱毛器は、自己処理をしないで使用すると、十分な脱毛効果を得るのが難しくなります。

仕事や育児、家事などの合間を利用して、自宅でむだ毛の処理が出来るのが魅力です。

家庭用脱毛器を使用する前は、安全性が高く、低刺激でお肌に優しい電気シェーバーを使用すると良いでしょう。

出力レベルは段階的に上げましょう

家庭用脱毛器は、機種によっても多少は違いますが、5段階から10段階ぐらいまで調節が出来るのが特徴です。

事前にパッチテストをして、皮膚に赤みや痒みが出ない時は、問題なく使用することが出来ます。

火傷を未然に防ぐためには、最初は弱い出力から照射をすることが大事です。

慣れてきたら、少しずつ出力を上げていくことで、脱毛効果を高めることが出来ます。

顔や脇、デリケートゾーンなどの、皮膚が薄くて弱い部位は、最初は弱い出力から始めて、少しずつ調整をしておくのがお勧めです。

デリケートゾーンのIラインやOラインは、粘膜部分があるので、粘膜以外の部分に光を照射する必要があります。

粘膜の部分は照射は出来ないので注意が必要です。

少しずつ出力を上げていくことで、毛が太くて密集している部位でも、短時間で処理することが出来ます。

照射の前後でしっかり冷却しましょう

家庭用脱毛器は、安全性に優れていますが、レーザーや光を照射した後は、普段よりも皮膚が敏感でデリケートになっています。

痛みを最小限に抑えるためには、脱毛をする前に保冷剤などで冷却をしておくと良いでしょう。

脱毛後は皮膚が熱を持っている状態なので、保冷剤や家庭用脱毛器の冷却機能を使用して、クールダウンをしておく必要があります。

クールダウンをすることで、皮膚の赤み、痒み、ひりひりするのを防ぐ効果があります。

デリケートゾーンなどの毛が密集している部位は、痛みが強い傾向がありますが、クールダウンをしておくことで軽減することが出来ます。

肌荒れを未然に防いだり、肌トラブルを避けるためには、クールダウンを必ずしておきましょう。

数多くの商品が販売されていますが、冷却機能が付いている商品を選んでおくと保冷剤を用意する手間が省けます。

照射後はしっかり保湿しましょう

家庭用脱毛器を使用した後は、皮膚が乾燥しやすく、敏感になっています。

皮膚が乾燥すると、皮膚の赤み、痒み、肌荒れなどの原因になってしまいます。

脱毛後は保冷剤、家庭用脱毛器の冷却機能を使ってクールダウンをしておきましょう。

クールダウンをした後は、保湿効果の高い基礎化粧品を塗っておくことが大事です。

基礎化粧品を使用することで、皮膚に潤いを与えて、肌荒れを防ぐことが出来ます。

乾燥肌や敏感肌の人は、普通肌の人に比べると肌荒れがしやすい傾向があります。

美容成分が豊富に含まれている基礎化粧品を購入しておくことで、スキンケアをすることが出来ます。

家庭用脱毛器を使用した後は、必ず保湿をしておきましょう。

保湿をしておくことで、毛穴が目立たなくなったり、埋没毛を防ぐことが出来ます。

毛穴を引き締めることが出来るので必ず実践しましょう。

生理前など肌が不安定な時の使用は控えましょう

女性には月経周期のサイクルがあるので、生理前や生理中は体調が優れず、肌荒れがしやすい傾向があります。

男性に比べるとホルモンの影響を受けやすく、生理前や生理中は肌トラブルが発生しやすいです。

皮膚のみ、痒み、肌荒れを防ぐためには、なるべく生理中は使用しないことが大事です。

生理中は貧血をしたり、腹部の痛み、倦怠感、眠気などで体調が良くない人がほとんどです。

生理が終わると、エストロゲンの分泌が活発化するので、お肌の調子が良くなり、体調が整ってきます。

生理が終わると問題なく、家庭用脱毛器を使用することが出来ます。

妊娠中、授乳中の人は、普段よりも体の調子が優れず、肌荒れをしやすい傾向があります。

妊娠中、授乳中などは、家庭用脱毛器は使用せず、電気シェーバーなどで脱毛をしたほうが良いでしょう。

健康な時は問題なく使用することが出来ます。

使用可能な部位を守りましょう(粘膜への照射はNG)

家庭用脱毛器は、顔やデリケートゾーン、脇、手足のむだ毛が処理できるのが魅力です。

口コミで人気の高い商品は、デリケートゾーンやヒゲ脱毛が出来るのが魅力です。

デリケートゾーンは、IラインやOラインには粘膜があります。

基本的には粘膜の部分は、光やレーザーは照射出来ないので注意が必要です。

粘膜のすれすれまで、レーザーや光は照射することが出来ますが、火傷をしないように、最初は出力を弱めてから使用すると良いでしょう。

IラインやOラインは、粘膜部分があるので火傷をしないように、十分に注意をして使用する必要があります。

基本的には顔脱毛が出来る商品が多いですが、鼻下や口の周りなどの、皮膚が薄くて弱い部位は、出力を弱めておくことが大事です。

脱毛したい部位に合わせて、出力を調整することが出来るので安心して使用出来ます。

家庭用脱毛の使い方のコツまとめ

家庭用脱毛器は、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛のような永久的な効果はありません。

継続して使用することで、抑毛、減毛効果があるため、3か月から半年ぐらいは使用することが大事です。

男性の剛毛、男性並みの剛毛の女性でも、回数を重ねるごとにむだ毛が減ってきます。

機種によっても多少の違いがありますが、5段階から10段階に出力を調整することが出来ます。

最初は弱めの出力にしておくことで、火傷や肌荒れを防ぐことが出来ます。

慣れてきたら、段階別に出力を上げていくことで、効果的に脱毛をすることが出来ます。

家庭用脱毛器は初期費用は掛かりますが、長く使用することが出来るので、長い目でみるとお得になります。

事前に電気シェーバーを使って、自己処理をしておくとスピーディーに脱毛が出来ます。

1週間から2週間に一回ぐらい使用すると良いでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる